トピック一覧

読書・マンガ

2月5日~爆食しても変わらず~

1、読書会の開催 2、引き寄せの法則を実行する 3、52㎏になる 朝食バイキング行きました 体重変わらず 凄いですね 私は太らない体質と信じていました 引き寄せの法則が働いたのでしょうか? 私はツイていると思います 凄いですよね 私は太らない体質 太っても体重が元に戻る 逆に細くなっていく 私は細い でもさらに細くなっていく 私は誰よりも細いと言われる 45㎏の体重になる 私は誰よりも細くなる 私は美しい 今よりももっと美しくなる 私は誰よりも美しい 綺麗と周りから言われる 私は綺麗 だけど何で…

記事を見る

週報 2023/02/05 朝に弱い人のための粥, 言葉とリズム

近況 少し春が近づいた。立春である。あれほど寒かったのに、今週は十度まで上がる日もあった。ありがたいことである。代わりに寒暖差に悩まされている。自律神経がおかしい。この時期、気候が安定するまでは神経がおかしくなるものだ。狂わないよう休み休みやっていきたい。 生活もいったんリセットされてしまった。年始からコミティアに向けて走り、ゴールしたと思ったら雪でめちゃくちゃになり、そして厳冬が終わった。今週になって落ちついてみると余暇で何をしていたのか思い出せなくなっていた。何してたんだっけ?と思いつつとり…

記事を見る

V字モデルの深淵を覗き見た気分:UTPPPを読む(前編)

読むのがホネな(積みがちな)技術書やビジネス書を取り上げて2週間の読書期限を課して読んでアウトプットする仮想読書会「デッドライン読書会」の第50回。常時、けっこうな量の積読があるのだけれども、知り合いと読書期日を約束することによって消化が捗るという仕組み。過去5回分のログはこんな感じ。 #49 「デジタルトランスフォーメーション・ジャーニー」でDXできる? #デッドライン読書会 - 勘と経験と読経 #48 頭を良くしたいので「哲学思考トレーニング」を読んだ #デッドライン読書会 - 勘と経験と読…

記事を見る

エムラン・メイヤー『腸と脳』紀伊國屋書店 (2018) 読了

引用元:版元ドットコム つづきを読み終えた。 nainaiteiyan.hatenablog.com ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日記 腸内細菌の多様性が精神疾患と大きく関係があることが理解できた。 最も印象的な情報は、人それぞれが人それぞれの多様性を持っており、約10パーセント程度しか同じ種類の細菌を共有していない点である。 言い換えれば、数ある微生物のどのような組み合わせが人類にとって最適なのかという問いには答えが複数存在することを示唆する…

記事を見る

堀川波さん著書「45歳からの自分を大事にする暮らし」を読みました(レビュー)

このごろ読書の時間を設けています。 心が落ち着くので、就寝前によく読みます。 今日は読んだ本のご紹介をします☆ 堀川波さん「45歳からの自分を大事にする暮らし」を読みました 堀川波さんのライフスタイルが書かれた本 温かくて読みやすい、共感できる本でした 暮らしのアイデアもいっぱい! 感想 堀川波さん「45歳からの自分を大事にする暮らし」を読みました 堀川波さんとは、絵本作家イラストレーターをされています。 私が堀川さんを知ったのはそのイラストがきっかけでした。 「かわいいイラストが表紙のこの本は…

記事を見る

【第二話(1/2)】漫画「ピョコンの歴史」

・これは、遠い宇宙にある星が舞台の自作漫画、「コスモラビット」です。 ・その星の宇宙人であるロッテ(主人公)、マリンバ、ユトレヒトの三人を中心に、彼らが暮らす町【アルファ・ルファ】での日々を描いたストーリーです。 あらすじ 第二話 「ピョコンの歴史」 【プロローグ】 キャラクター解説 【本題】 あらすじ 第二話 「ピョコンの歴史」 【プロローグ】 キャラクター解説 オレンジのウサギ(ユニバニー) 主人公のロッテ。都会から急遽、田舎町にやってきた。大人げない幼稚な性格。 茶色のウサギ 名前…ユトレ…

記事を見る

電子書籍が読めなくなった

murmur-note.com 6年ぶりの手帳ライフを満喫している。 それまではiPadでNoteshelfを使用した。必然的にiPadの使用頻度もガクッと下がった。そしていつのまにか電子書籍が読みにくくて仕方なくなっていた。 漫画では気にならないんだけど、それ以外の技術書・活字系の広大なページ数のなかで、画面を経て1ページしか覗けない感覚がなんとも気持ち悪い。何ともじれったい感覚。 どこでも読める・本棚を圧迫しないといったメリットはもちろんある。だけど、iPadを開いてKindleも開かないと…

記事を見る

まんが47 上手くいかない

当時を振り返ると これは親との相互依存から自立するために 必要な試練だったなと思いつつ 二度と戻りたくない時期だなと思います(;^_^A それにしても 人から強制されて動くことって 上手くいかないですよね。 多分、心からの深い納得や 自発的な動機がなければ 何かを達成することは難しいのだと思います。

記事を見る

チャッター「頭の中のひとりごと」を読んで

Chatter(チャッター)―「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法 作者:イーサン・クロス 東洋経済新報社 Amazon この本を手に取ったのは「頭の中のひとりごと」確かにあるなぁと思い、それをコントロールできるならどんなにいいことだろうと想像したから。読了して思ったのは壮大なテーマを本にしたのだなと感じた。著者もまとめるのに苦労している様子が見られたからだ。 まずチャッターとは頭の中のしゃべり声であり、構成するのは「循環するネガティブな思考と感情」と本書では…

記事を見る

読了「マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK」

フクチマミさんの「マンガで読む育児のお悩み解決BOOK」を読了しました。 【中古】【全品10倍!2/5限定】マンガで読む育児のお悩み解決BOOK / フクチマミ価格:139円(税込、送料別) (2023/2/4時点) 楽天で購入 育児書っていろいろあって何に手をだしていいかわかりませんが、こちらは知人からおすすめされたので読んでみました。 きっと今は予習だけど、実際産んだ後に見直したほうがいいんだろうなって思います。 自分の思い込みで苦しくなったときに、考え方が凝り固まっていたことを気づかせてく…

記事を見る

今月のおすすめ本 2023年2月号 『タワー』ぺ・ミョンフン著 斎藤真理子訳 

674階建てのタワーが国家として成り立っているという予想不可能なSF小説。タワー(ビーンスターク)各階に住む人々の様子を短編集として、綴っていく物語である。いくつかある短編の中で、私が気にったのは「自然礼讃」「シャリーアにかなうもの」。 「自然礼讃」は、タワーに棲む小説家の話だ。その小説家はタワーの外の世界にあこがれている。書く小説も、自然を扱った小説ばかりだ。いつか、タワー外の自然を堪能したいと思っている。だが、自分の足で行くことはない。(それは本書を読んで確かめて欲しい) 最初、私は彼が自然…

記事を見る

#41 藤井アナが生んだ名言のルーツは『伝える準備』にあった!!

読書素人 『伝える準備』 を読んでみた 藤井アナがコロナ禍に生んだ 名言が感動すると話題に!! みなさんはnews everyを見たことありますか? 夕方から放送されているニュース番組なのですが、 コロナ禍においてコロナの感染者数を毎日伝えなければならない センシティブな状況の中、 藤井アナの発する言葉に日本中から称賛が巻き起こったのだ。 ボク自身も、ステイホームを意識していた中で 藤井アナの一言に感動をしながら夕飯を頂いていたことを思い出す。 緊急事態宣言下、 人の少ない渋谷のスクランブル交差…

記事を見る

【2023年1月】読んだ本まとめ

今年の目標に「月に一冊は本を読む」を掲げた。こうやって感想をブログにすれば読むモチベーションも上がる、って寸法。 デジタルミニマリスト スマホに依存しない生き方 我々はSNSの「いいね!」によって脳内物質であるドーパミンが分泌され、加えて承認欲求も満たされることによりSNSを見ないと落ち着かない、スマホに注意が向いてしまうように調教されていたらしい。なるほど、たしかに。よく考えられている。 実際に筆者が1600人を対象に行ったデジタル・ミニマリストになるための「デジタル片づけ」の手法が書かれてい…

記事を見る

『消えたママ友』の感想

「これは、あなたの日常にも起こるかもしれない物語」 って、ほんとそう! 消えたママ友 (コミックエッセイ) 作者:野原 広子 KADOKAWA Amazon 優しい旦那さんとお姑さん、かわいいツバサ君に囲まれてキラキラ幸せそうだった有紀ちゃん。そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。保育園のママたちの間ではその話題で持ち切り。噂では有紀ちゃんは男を作って逃げたということらしい。有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。しかし、みんなそれぞれに思い当たることがあった…

記事を見る

<読書>加藤諦三さんの「自分を許す心理学」を読んで

自分を許す心理学―――疲れない生き方の処方箋 (知的生きかた文庫) 作者:加藤 諦三 三笠書房 Amazon 現実で生きづらさを感じている方。「どうして自分ばかりがこんな目に・・・」と思っている方。それはすべてあなたが呼び寄せていることです。 あなたの生き方そのものがあなたを苦しめる結果となっています。 うまく生きようとして、完璧に生きようとするからつらくなります。 人間関係も自分を出さずに相手に取り入ろうとするその姿勢こそが間違いです。 付き合う人間は選ぶべきだし、嫌なものはハッキリと嫌だと言…

記事を見る

読書が他者を尊重する態度を磨く

インターネットの登場で、現代人は多くの情報に触れられるようになりました。ネットがなかった時代の人と比較すると、受け取った情報の量は圧倒的に現代人の方が多いと思います。しかし、たくさんの情報に触れているにもかかわらず、頭に知識として定着した情報は意外と少ないのではないでしょうか。毎日、ネットを見ていて博学になったという人がどれほどいるでしょうか。それに対して、本から得た情報は、知識として定着しやすいと思います。きっと、読書を習慣としている人なら、同じように感じているはずです。

記事を見る

仮面病棟

おはようございます。 読書がライフワークになっている 医療業界のコンサルタント ジーネット株式会社の小野勝広です。 事実は小説より奇なり。 よくこう言われますし 実際にそうだとも思いますけど、 それでも小説のなかには 現実にはあり得ないような展開もありますし、 事実だとしたら辛すぎるものや 小説であれば何とか読める… いやむしろワクワクしたりもするなんてことは わりと起こり得ると思うのです。 個人的には あんまり小説って好きではなくて 今までもある一定の好きな作家さん以外は 読んでこなかったよう…

記事を見る

ジジ&ピンチ 犬童一心 『セーラーゾンビ』

深夜ドラマのコミカライズらしいがドラマは見ていない。 ゾンビもののお決まりやパターンは全く詳しくないが、多分「ゾンビもの」という感じではなさそう。 ゾンビの恐怖よりシスターフッドみたいなものがメインで、ゾンビが発生した理由には最初から最後まで全く触れられない。 登場人物のキャラクターがそれぞれしっかり立ってて読んでて楽しい。ポップな絵柄でキャラクターごとに制服の着こなしやギミックが凝ってて見応えがある。 特に好きなのはイモリさんが特に良かった。メインキャラクターたちの半分もない背丈とマスコットみ…

記事を見る

【翻訳だいありー⑪】シノプシスの講評

こんにちは、うえはるです! ブログをのぞいてくださり、ありがとうございます。 先日、去年から作成していたあるノンフィクション本(現時点で邦書なし)のシノプシスが完成し、翻訳講座の講義内で簡単に発表のうえ、講評をいただきました! もっと工夫できるところ、追加したり補足するとよいところを教えていただき、とっても勉強になりました。 具体的には、シノプシスは翻訳者の企画書なので、編集者がフォントなどの決定権をもっている訳文と違っていくらでもフォントを変えたり、強調すべきところは強調して見やすくできること…

記事を見る

2023年1月に読んだ本

" data-en-clipboard="true">1月は体調を崩したり、 " data-en-clipboard="true">家族の看病だったりであまり本が読めなかったのですが、 初めましての作家さんの本がよかっただけでなく、 意外な当たり本があったりと、 これから読みたい本に影響しそうです。 今月のこれ!という本は 13歳からの地政学 木曜日にはココアを 不動さんの裏垢活動1 です。 (歴史思考、穏やか貴族の休暇のすすめ。もよかった) 13歳からの地政学 (function(b,c,f,…

記事を見る

気球

記事を見る

「サーチ・インサイド・ユアセルフ」感想:マインドフルネス/瞑想で生活が変わるかも

サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法作者:チャディー・メン・タン,一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート英治出版Amazon こちらの本を読んで、結構大きなインパクトがあったので、感想をブログにまとめることにしました。 きっかけ 先日参加した Regional Scrum Gathering Tokyo 2023 で聞いた伊藤さん・熊谷さんの講演で本を知ったのがきっかけ。 speakerdeck.com セッションとしては、…

記事を見る

宮部みゆき「火車」を読んだ

普通の人たちから見る事件の側面。 宮部みゆき「火車」 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。 宮部みゆき「火車」を読みました。 本作は休職中の刑事「本間」が親族の依頼で失踪した女性「関…

記事を見る

書評『グレニッチヴィレッジ物語』

以前ある街の100年ぐらいの歴史を読みましたが、今回は400年ぐらいの歴史でした。 交通の利便性が良いところがたまたま家賃が安いみたいな稀有な条件が自然発生的に成立していたときに文化的な人が増えて面白い街になるみたいな下北沢みたいなイメージというよりは、この街は積み重ねてきた歴史が上手に継承されてきたような日本だとあまりない感じの街のイメージで興味深かったです。 あと、街というよりはムラっていう感じでした。 グレニッチ・ヴィレッジ物語 作者:常盤 新平 翔泳社 Amazon www.youtub…

記事を見る

スーザン・ソンタグ『他者の苦痛へのまなざし』 私たちは戦争と暴力の映像をどのように見ているのか

著名な批評家による、戦争やテロリズムに関する写真論 スーザン・ソンタグは1933年に生まれ、2004年に没したアメリカの作家・批評家である。『反解釈』や『写真論』などの著書、あるいは「キャンプ」という美的概念の定義などでよく知られている。(小説も書いていますが私はまだ読んだことないです) 今回紹介する批評的エッセイ『他者の苦痛へのまなざし』は原著が2003年に刊行されているので、最晩年の書ということになる。 他者の苦痛へのまなざし 作者:スーザン ソンタグ みすず書房 Amazon 邦訳書で本文…

記事を見る

マヨネーズ状なのにできるのか・・・?

沖縄。私は沖縄のことをほとんど知らないので、せめて「米軍『普天間』飛行場の『辺野古』移設問題」だけでも今よりは知っておきたい・・・。 そう思っていた時に出会えた本「職業政治家 小沢一郎」佐藤章さん:著第2章「辺野古埋め立ては必要か」 鳩山元首相が「国外、最低でも県外(移設)」と言っておきながら頓挫した件。P139~174の36ページ分というコンパクトな文量だったので、私のおつむでも(読んだ直後は)理解できました。 以下、佐藤章さんの「職業政治家 小沢一郎」によると、普天間からの移設の候補地は、辺…

記事を見る

マンガでやさしくわかる事業計画

著者:井口嘉則発行元:日本能率協会マネジメントセンター マンガでやさしくわかる事業計画のまとめ マンガでやさしくわかる事業計画を読んだ理由 マンガでやさしくわかる事業計画で仕事に活かせるポイント マンガでやさしくわかる事業計画の目次 マンガでやさしくわかる事業計画の感想 マンガでやさしくわかる事業計画のまとめ 事業計画というと私の仕事に関係なく、経営企画の部署が手掛けるように思えてしまいます。が、そんなことないんだよね。自分の仕事を前進させるためにも活用することができるのだ。どうすれば仕事で結果…

記事を見る

今週の書評本 全103冊(週刊10誌&新聞 3紙  1/30~2/5 掲載分)

毎週日曜日は、この一週間に週刊誌などの書評に取り上げられた旬の本を紹介しています。書評内容については各誌・HPをご覧ください。 今週の書評本 表示凡例◆掲載された媒体: 発行号数 掲載冊数書籍タイトル 著者 出版社 税込価格 書評掲載回数(2回以上のもの) ◆週刊朝日「週刊図書館」: 2/10 号 6 冊植物少女 朝比奈秋 朝日新聞出版 1,760女子サッカー140年史 闘いはピッチとその外にもあり スザンヌ・ラック 白水社 3,190文学は予言する 鴻巣友季子 新潮選書 1,760ある行旅死亡…

記事を見る

草の竪琴/カポーティ~草の穂たちはあの丘に眠るすべての人の物語を知っている~

《内容》 両親と死別し、遠縁にあたるドリーとヴェリーナの姉妹に引き取られ、南部の田舎町で多感な日々を過ごす十六歳の少年コリン。そんな秋のある日、ふとしたきっかけからコリンはドリーたちと一緒に、近くの森にあるムクロジの木の上で暮らすことになった…。少年の内面に視点を据え、その瞳に映る人間模様を詩的言語と入念な文体で描き、青年期に移行する少年の胸底を捉えた名作。 主人公の少年・コリンの11歳から16歳の記録。 姉妹のいさかいの結果、姉のドリーが家を出て、木の上で暮らすという何ともほっこりする牧歌的な…

記事を見る

ルポ池袋 アンダーワールド/中村 淳彦 花房 観音

数十年前、板橋駅前の社宅団地に住んでいたことがあるので中高生の頃は池袋でよく遊んだ。それなりに開けた街だが何となくいかがわしくて、東京のはずれという場末感もあり、そこがまた魅力な街だったと思う。 そういう点から本書に興味を持ったが、そこに描かれるアンダーワールドは「何となくいかがわしい」どころではなく、大いに猥雑で危険な様相だった。片やAV関係などのライター、片や官能小説家だからそこはもうどっぷりと濃くドロドロした世界である。 性風俗店、ストリップ、AVなどのアダルト産業関係者、立ちんぼ(街娼)…

記事を見る

【読書記録】3度目の恋

私は本を図書館で手に取る時、実に適当に選ぶ。 本棚全体を見て、呼ばれた本を手に取っていく。 パラパラと数ページめくり、あっ、読んでみたいなと思ったものを借りる。 (呼ばれた?と勘違いして手に取っても残念ながら性に合わないものもたまにある) 川上弘美さんの本は、以前は割と「呼ばれる」こともありました。 作家名(川上弘美さん)で見つけるわけではなく、たまたま手に取るのが川上弘美さんなのだ。(久しく呼ばれなかったけれど、久しぶりに呼ばれました。。笑) あとがきによれば「伊勢物語をモチーフ」に書かれたと…

記事を見る

今週のジャンプ感想 2023年09号  の巻

表紙&巻頭 :「マッシュル」 Cカラー :「僕とロボコ」「一ノ瀬家の大罪」 5号連続応募者全員サービス第3弾「呪術廻戦」「SAKAMOTO DAYS」フィギュア ★「僕のヒーローアカデミア」の公式ツイッターにて、堀越先生がまた体調不良で次号緊急休載になるそうですね。 2号連続休載になりますが、もう本当に一回一か月程休んで静養してもらった方が良いんじゃないかな?

記事を見る

【感想】プリンシプルオブプログラミングを読んだ

新米プログラマーが読むべき本として、「リーダブルコード」や「Webを支える技術」などと共に名前を上げられている1冊。 特定のプログラミング言語に依存しない普遍的な101個の原理原則について書かれたものです。 用語の解説にとどまらず、なぜそうするのか、具体的にどのように取り組めばいいのかが書かれているため、プログラマとしての重要な考え方を網羅的に学ぶことができました。 今回は、その中でも特に印象的だった3つのTipsについて感想と共にまとめてみました。 名前は短いコメントとして考えること 変数や関…

記事を見る

カフェで読書が有意義だった日。

kumiです。 よく思うんですけどスタバってなんであんなに人気あるんですかね? 私はカフェってだいたい1時間半~2時間くらいお邪魔しますが、 スタバって椅子が硬くてすぐお尻が痛くなる・・・・🤣 背もたれない椅子も多いし席の間隔も激狭だし、 いつも混みこみの店内を外から覗いて「なにがいいんだろう?」って思ってます。 やっぱり色々出るフラペチーノがいいのかな? 私は夏に暑い中1回飲んだら満足しちゃうからそんなにスタバに惹かれないのかな~、と思っています。 カードを頂いたので行こうと思いしょっちゅう覗…

記事を見る

【新刊書評】怪奇現象組み込む社会派ミステリ『踏切の幽霊』(高野和明/文藝春秋)

昔から、社会派ミステリが好きである。現実の地名とその風景描写から浮かび上がる世情や登場人物の人間くささを嗅ぎ取るのがこのうえなく愉しいのだ。魅力的な謎が絡めば完徹確定である。 本作の舞台も謎も惹かれる設定だ。1994年の冬、箱根湯本と新宿を結ぶ路線(何線かすぐわかるが、本書の書き方に従って伏せる)の途中、下北沢三号踏切において、列車の緊急停止が相次いでいた。踏切内に人影を見たからだ。ところがいずれも死体は発見されず、人影の性別、年齢層もばらばらで原因不明となっていた。 長年勤めた新聞社を辞し、老…

記事を見る

プチ感想・レビュー#106【お兄ちゃんはおしまい!】7巻 特装版小冊子

※引用:「お兄ちゃんはおしまい!」7巻 特装版小冊子より 「お兄ちゃんはおしまい!」7巻 特装版小冊子のプチ感想・レビューです。 感想は読書メーターで書いた文章になります。 興味を持ってもらえると嬉しいです。 寿こと - 読書メーター (bookmeter.com) 感想 7巻は既に投稿しているので、小冊子の感想だけ。 開幕みよちゃん全開。 「…まぁ まひろちゃんは総受けよね」 ……なんて心に染み渡る言葉なんだ。 それにしても百合で攻め受けにこだわる人って結構珍しい気がするんですけれど、どうなん…

記事を見る

創作ねこ漫画【愛猫にヒミツがあるとしたら・・・】

本日もご覧くださりありがとうございます。さて、漫画を読んでもらう前に・・・愛猫の行動あるあるをひとつ。猫のことをご存じない方のためにも飼い主さんが、トイレまたはお風呂へと入っていると一緒について来て、扉の前でじっと待っているなんてことがよくあります。マットの上で香箱座りしている子なんかも。また、中には一緒にトイレの中(膝の上)へと・・・風呂場の中(桶の上)へと入ってくる子もいます。飼い主依存・・・ずっと一緒にいたいから?猫の好奇心・・・中で何をやっているのか気になっとるから?ただ単に出待ち?この…

記事を見る

イギリス、一度行ってみたくなったなぁ 『夫婦で行く意外とおいしいイギリス』読後感

【カラー版】夫婦で行く意外とおいしいイギリス 夫婦で行く旅シリーズ (集英社文庫) 作者:清水義範 集英社 Amazon 清水義範氏が奥様と共に海外旅行に赴き、その土地土地の、主に食事を紹介する「夫婦で行く旅」シリーズの中の一冊。 今回の旅行先はイギリス。なんでも、事前に計画していたツアーが団体客のキャンセルによって、本当に直前で実施されなくなり、「代替案」として参加することになったツアーがイギリス巡りだったとのこと。まあ、ラグビー好きである私なら、みる場所にも、イベントにも、自分用の土産にも事…

記事を見る

【読書感想文】人生の成功とは何か 最期の一瞬に問われるもの(著者:田坂 広志)★★★★☆

【この本から得たこと】 見果てぬ夢に向け、困難に挑戦し、一日を生き切る 【今後の人生につながる3つのポイント】 ① 一日を生き切る心構えを持つ。 ② 日ごとの成長を記録する。 ③ 見果てぬ夢を掲げる。 【感想後記と補足説明】 Kindle Unlimited を見ていると「人生の成功とは何か」と問いかけてくる表紙があった。 いろいろやってるものの、その根源的な問いの答えがまだ見つかってはいない。 参考として読んでみようかな。 (読書感想文カテゴリーでは他にもいろんな本をご紹介!) 人生の成功とは…

記事を見る

読書 いつも機嫌がいい人の小さな習慣 仕事も人間関係もうまくいく88のヒント

どっぷりアラフォーの僕ですが、イライラする事も多いです。 またまた見つけた本ですが、88のフレーズの中から自分に刺さったフレーズ。 こんな人になれたら、自分も周りも幸せになるはず。 挨拶をするときは、相手に体ごと向ける ときどき空を見上げる エレベーターやレジ待ちで「お先にどうぞ」 身近な人の欠点に慣れる 正しいことを言うときほど控えめに 自信のあることほど自己アピールしない 感情が高ぶったら、3分待つ 根回しに手を抜かない テレビやスマホをオフにする時間をつくる 損得より「気分がいいこと」を基…

記事を見る

お金持ちなら自分の図書館をつくりたい

最近、紙の本を何冊か買ってしまった。電子書籍化を待てなくて。家が狭いから、なるべく我慢はしてたんだけど。 惑う星 作者:リチャード・パワーズ 新潮社 Amazon 持っている紙の本のほとんどは家には置ききれないので、コンテナハウスを借り、密閉性が高そうなコンテナに乾燥剤などとともに入れて保管している。それでも本にはよくない環境だとは思うけど。そのコンテナに思ったより空きがあったので、気持ちが緩んだんだろう。 お金と場所に余裕があれば、大きい書店に行って、端から端までくまなく歩き、その途中、自分を…

記事を見る

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 アダム・グラント著

1.はじめに 2.内容 (1)「与える人」こそ幸せな成功者となる (2)ギバーの才能① ゆるいつながりという人脈作り (3)ギバーの才能② 利益のパイを大きく増やす働き方 (4)ギバーの才能③ 可能性を掘り出し、精鋭たちを育てる (5)ギバーの才能④ 強いリーダーシップより影響力 (6)ギバーが気を付けなければならないこと (7)「いい人」だけでは絶対に成功できない (8)未来を変える「因果応報」のルール 3.教訓 GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 [ アダム・グラント ]価…

記事を見る

100記事記念!Twitter アカウントのご紹介

こんにちは、もんです。 ついに記念すべき100記事目となりました! 読んでくださる皆様、ありがとうございます。 さて、ブログで紹介している本の感想ですが、下記のようにTwitterでも呟いております。 blogにアクセスするのが大変、 読むのが大変 という方は、ぜひTwitterをフォローして頂ければ幸いです! Twitterでの140字感想 「金持ち父さん貧乏父さん」の感想(1月31日 blog公開) まず学べ さもなきゃ金は 逃げていく前のやつだけど、表紙的にこっちが好きだったから笑宝くじ当…

記事を見る

売れるもマーケ当たるもマーケ マーケティング22の法則|読書メモ

何度も見返したくなる良書。内容はシンプルだけど本質的でマーケティング戦略を考える上で重要なことが集約されている。特に印象に残った部分を下記にメモしておく。 書籍情報 著者 アル・ライズ、ジャック・トラウト 発行 1994年1月15日売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則作者:ライズ,アル,トラウト,ジャック東急エージェンシー出版部Amazon 章立て 第1章 一番手の法則 第2章 カテゴリーの法則 第3章 心の法則 第4章 近くの法則 第5章 集中の法則 第6章 独占の法則 第…

記事を見る

明日に持ち越さないようにすることが大事なのです

今日は、なんだか気持ち的にスッキリしない感じなのです。 それでも午前中は何とか持ちこたえましたけど、午後になってもどうにもならない状態です。 何かちょっとした不安なことがあると、それに捕らわれてしまいやすいのかもしれません。 なので・・・・ 続きはこちら

記事を見る

2023年1月の生活費と貯金額と作業環境向上中の話

1月の生活費まとめです。 2023年1月の生活費 … 108,700円 iDeCoはじめました iDeCoやらなかった理由 現在の投資状況 同居人と新年会しました 2023年1月の貯金(投資)額 … 75,800円 1月に買ったもの GTPLAYER ゲーミングチェア イーサプライ キーボードスライダー 無印良品 上から開くリュックサック KINTO ウォーターボトル セネカ 「人生の短さについて」 作業環境を改善していく 2023年1月の生活費 … 108,700円 収入(派遣事務給与・副業)…

記事を見る

持っているビジネス・教養本からは悩みと不安がにじみ出ている

フランスの作家スタンダールは著作内で「本のタイトルを見せて歩くのは裸で歩いているようなものだ」と書いている。(のを読んだ気がする) 私も今読んでいる本を気心知れた人以外に知られるのはとても恥ずかしい。小説もなかなかに恥ずかしい(特に谷崎・川端あたりは帯に卑猥なコピーが書かれていることがあって、カバーなしでは外で読めない)が、ビジネス本のタイトルの直球・丸裸ぐあいは比じゃない。タイトルで今悩んでいること・頑張りたいこと・欲求が丸わかりだ。 恥ずかしいが、こないだ友人と最近読んだビジネス本のタイトル…

記事を見る

「人生はアウトプットで変わる」 樺沢紫苑『アウトプット大全』①

皆さん、こんにちは!いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます! 世界の偉人、著名人の心に響く言葉をご紹介する「金の名言」の第35回は、精神科医であり作家で、たくさんの著書も書かれている、樺沢紫苑さんの著書『アウトプット大全』の中の心に響く言葉をご紹介します!✨本書は、ありとあらゆる「アウトプット」の方法や効果について書かれている本で、私も、このブログ等で、アウトプットを始めたきっかけにもなった本です!😊 様々なアウトプットの方法や効果については本書を読んでいただき、こちらでは、その中に書…

記事を見る