読書・マンガ

記事を見る
読書好きにおすすめの本と書評・感想

読んだ本の記録とリスト(2021年11月29日〜12月5日)

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.id=a,e=c.g…

記事を見る

資本主義と心について

昨日、テレ東「家、ついて行ってイイですか?」を観ていた。(記憶が少し曖昧なので別の番組であれば訂正する) 岡本太郎のように、芸術一本で生きている人のお話を僕は聴いていた。     僕はその人を自由な人だと思った。 話は逸れるが、「ONE PIECE」のルフィは、海賊…

記事を見る
【読書】

【読書】読み辛いが物語は温かい『コーヒーが冷めないうちに』川口俊和 ※ネタバレあり※

コーヒーが冷めないうちに 作者:川口 俊和 サンマーク出版 Amazon 最近ブックオフで80円で買った本です。レビューも何も見ずによく書店で見かけて気になっていたので買いました。※この後はネタバレ有ります※

記事を見る

車の雑誌を読みました。何かを言っています。

車の雑誌を読みました。最高の電気自動車が、通常のガソリンエンジン車と同じ範囲を取得するために、スーパーキャパシタ、燃料電池、その他の代替品をどのように組み合わせて使用​​するかがすべてです。このために、彼らは将来、バッテリーが平均的な自動車用バッテリ…

記事を見る
中山義秀

芥川賞を全作読んでみよう第7回『厚物咲』中山義秀 |【感想】骨の髄まで腐った老人が咲かせた美しい菊に透かし見る人生の艱難に抵抗した魂の秘密

芥川賞を全作読んでみよう第7回、中山義秀『厚物咲』をご紹介します。 芥川龍之介賞について 第七回芥川賞委員 第七回受賞作・候補作(昭和13年・1938年上半期) 受賞作『厚物咲』のあらすじ 感想 選評委員の評価 芥川賞には珍しい読後感 生き恥を晒し続けた老人の末路…

記事を見る
読書

文章の本を10日で4冊「固め読み」したらこうなった

何かと関連づけて記憶すると、覚えやすいといいます。全く異なるジャンルの本を5冊読む場合と、同じジャンルの本を5冊立て続けに読んだ場合。「固め読み」した方が圧倒的に記憶に残りやすいのです。 とはいうもの「いつも、違うジャンルが、読みたくなってしまうんだ…

記事を見る

「PASSION SIMPLE シンプルな情熱」 by  アニー・エルノー

PASSION SIMPLE シンプルな情熱 アニー・エルノー堀茂樹 訳早川書房1993年1月20日 初版印刷1993年1月31日 初版発行 アニー・エルノーをふたたび読んでみた。先日読んだ、『場所』は1984年の作品。死んだ実父の人生を記録した話。 megureca.hatenablog.com そして、今回…

記事を見る

ゴルフ雑誌を読みました。改善するためのヒントを提供していました。

ゴルフ雑誌を読みました。 12月号では、ライターがショートゲームを改善するためのヒントを提供していました。彼が最初に言及したのは、フェードを改善するためのものでした。 「フェード」とは何かはわかりませんでしたが、コース上でボールを真ん中から真っ直ぐに打…

記事を見る

今日も起きる事ができた

今更だけどハンターハンターのキメラアント編を読み終えた。 一言でいうとめっちゃ面白かったー。何も知らない状態で読めたことは幸せだと思う。だって、もう知ってしまったら、同じようには2度と読めないんだから。当たり前だけど。 HUNTER×HUNTER キメラアント編 DVD…

記事を見る

女のいない男たち

著者:村上春樹発行元:文藝春秋 女のいない男たちのまとめ 女のいない男たちを読んだ理由 女のいない男たちで仕事に生かせるポイント 女のいない男たちの目次 女のいない男たちの感想 女のいない男たちのまとめ 「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」…

記事を見る
その他雑記

久しぶりに読書をしたくなりました(読者さんブログの刺激で自由研究意欲再燃?)

こんにちは。mimikobitoです。 今日はサラッと日記感覚で書きます。 読書不足だった半年間 「なんちゃって速読」で脳トレ 冬籠りの読書再開 読者さんブログ紹介 おわりに 読書不足だった半年間 こうして半年間ブログを書く作業を続けていると、 活字を左上から右下に目…

記事を見る

【読書記録】習慣が10割 ⑤

お疲れ様です。 本日5日目。 習慣が10割の本最終日でございます。 最後の章では より具体的に個別のテーマごとに 習慣化を成功させるポイントが書かれていました。 誰もが一度は挑戦したであろう ・早起き ・運動 ・ダイエット ・日記 から ・仕事 ・営業 ・人間関係 …

記事を見る
辻村深月

ふちなしのかがみ 辻村深月 レビュー ネタバレあり

トイレの花子さん、こっくりさん。 今思い出すとなぜそんな話を夢中で信じていたのだろう?と思うけれど、子供の頃特に女の子はみんな信じていたんじゃないかな?怖いけれど知りたい、体験したいという怖いもの見たさ。今作はそんな気持ちを刺激される5編からなる短編…

記事を見る
日記

2021.12.04 再度の受診と歌会と

朝は10時ごろ起床。 主人にチーズベーコンレタスホットサンドを作ってもらって、ルピシアのカルカッタ・オークションとともにいただいた。 それから診察を受けた。というのも、前回の受診の際に医師が薬の処方を忘れてしまっていて、薬を処方してもらうように請求する…

記事を見る
メグミンのパソネットライフ

新しい目標に向かって

本を読んでいると、たまに感化されてしまう時もあります。 今回も、そういうところは否めないけれど、ただ違うのは(これを読んで、ものにしたい!)と、自分なりの決意をして本を手にしました。 これからの人生を考えると、身につけていても損になるスキルではないと…

記事を見る
メグたんのここだけの話

1冊の本に時間をかけ過ぎてしまった

いつもなら2日間で読み終えることが多いけれど、何故か1週間くらいかかってしまった。 それだけ内容が濃いというか、読み応えがあったというべきか、どういう表現が合うのか分からない。 ただ読み終えてみて言えるのは、自分が日頃やっていることが無駄なことではな…

記事を見る

【彼女は頭が悪いから】を読んで

こんばんは!暁です。今回は姫野カオルコさんの【彼女は頭が悪いから】を読んだ感想を書いていきたいと思います。 頭がいいからといって人間的に優れているとは言えないなと思った。私の周りにも学歴で判断してきた人いたけど、ろくな人いなかった。見下してくる人たち…

記事を見る
マンガ

ただの「いじめマンガ」ではありません…衝撃のポプエゲ作品【いじめるヤバイ奴】レビュー!

俺ちゃんは"いじめ"を題材にした作品が好きではない。 なんせ、学生の頃から"いじめ"が凄く嫌いだったし、それを題材にするとなると間違いなくシリアスなド鬱・胸糞作品になるのは明白だからだ。 今回紹介するこのマンガに出会ったのはTwitter。 作者さんが確か一話をU…

記事を見る

珍しいことをしてみました

文庫のときから。 ボロボロになるまで読み続け。 頭の中に入れておいては。 『対決』の際には大きな味方になった本が。 今年、完全版として出版されていると言うことを知り。 購入してはじっくりと読んだわけですが──えぇ、本当に。 いい本だなと、思います。 スーザン…

記事を見る
読書

2021年12月、秋の繁忙期が終わって一週間もたたないうちに年末がきた(超繁忙期)。

えー、生きてます。 キンモクセイが咲きほこりギンモクセイが香ったと思ったら12月は1日から冬の匂いがし始めました。月日が経つのが早いったら。 そんな中、しゃばけシリーズ読みました。 もういちど [ 畠中 恵 ]価格: 1540 円楽天で詳細を見る もういちど 畠中恵 著…

記事を見る
読書

橋本環奈に生まれ変わるくらいなら年末ジャンボ買お【生き物と幸せ】

「真っ新に生まれ変わって人生一から始め」たら、きっとあなたはクワガタムシ サノレイヤ(@d_sanoreiya)です。 今回は 橋本環奈に生まれ変わるくらいなら年末ジャンボ買お【生き物と幸せ】 をお送りします。 「不幸の星のもとで生まれた」 「なんてツいてないんだ」 「…

記事を見る
ライフスタイル

【1か月チャレンジ】価値観の違いをおもしろがる【ツキと幸運がやってくる31日の習慣】(17日目)

こんにちは!いつも訪問ありがとうございます!この記事(企画)は西田文朗先生の「ツキと幸運がやってくる31日の習慣」を実際にやってみたの「1か月チャレンジ」ですツキと運をゲットして、楽しいライフスタイルにするぞ〜!の企画でございます企画の詳細はこちらwww…

記事を見る
読書

アガサ・クリスティー『パディントン発4時50分』感想-敏腕家政婦の助手登場!

ミス・マープル長編第7作目! ミス・マープルシリーズのなかでも特にオススメな読んでおくべき一冊! 『パディントン発4時50分』 ミス・マープル探偵 助手のルーシー・アイルズバロウ おすすめの一冊! まとめ パディントン発4時50分 (クリスティー文庫)

記事を見る

『フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義』──代替肉はどうなってゆく?

『フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義』は、食におけるテクノロジーの現在と未来を論じる本だ。もとは日経で連載されていた記事を再編集したものらしく、わりとビジネス的な視点が強い。今現在、培養肉や植物性の肉が世界でどれくらいメジャーに…