トピック一覧

映画

(チラ裏レビュー)「金の国・水の国」 (アニメ映画 2023年)

※)これは”チラ裏”レビューです。あまり十分な推敲もしておらず、本来はチラシの裏にでも書いて捨てるレベルの駄文ですが、ここに書いて捨てさせていただいております。この先は期待値をぐっと下げて、寛容な気持ちでお読みください。ではどうぞ。作品名:「金の国・水の国」 (アニメ映画 2023年) リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/B0B8QCHKX8 評価:★3(★★★☆☆)【概要 (Amazon公式より)】 100年もの間国交を断絶してきた戦争寸前の2つの国。商業国家で水以…

記事を見る

ベイビーわるきゅーれ

二人組の若い女性の殺し屋が世間の荒波にもまれ自立を目指す!? 殺しよりバイトの方がむずかしい! 製作:2021年 製作国:日本 日本公開:2021年 監督:阪元裕吾 出演:髙石あかり、伊澤彩織、本宮泰風、うえきやサトシ、三元雅芸、他 レイティング:PG-12(12歳未満には成人保護者の助言・指導が必要) ◆◆ この映画の猫 ◆◆ 役:☆(ほんのチョイ役) スマホ動画の猫 名前:不明 色柄:サバ白(画像不鮮明のため推定) ◆あばれ女子 粗いところもあるだろうけれど若手監督のお手並み拝見、という気持…

記事を見る

「さかなのこ」 2022

★★★★☆ あらすじ 小さなころから魚が好きだった少年は、将来、魚の博士になることを夢見て成長していく。 www.youtube.com さかなクンの半生を描いた作品。 さかなクン ぬいぐるみ SQ100 太洋産業貿易 Amazon 感想 魚好きの少年であった主人公が「さかなクン」になるまでの半生が描かれる。特異なキャラである「さかなクン」だが、幼少期の母親の影響が大きいことがよく分かる。魚に興味を示す主人公が望むことを、母親はすべて叶えてあげようとしている。 親なら誰だって子の望みを叶えてあげ…

記事を見る

944. プリティ・リーグ

引用元:amazon.co.jp 原題は「A League of Their Own」 公開されたのが1992年と知って意外な気がした(何となく2000年くらいの作品かと) 主役で名捕手役を演じたジーナ・デイヴィスにとっては、「テルマ&ルイーズ」のテルマ役を演じた翌年にあたる 時は第二次世界大戦中 ジョー・ディマジオらのメジャーリーグのスターたちも出征し、球団経営も難しくなってきた頃、オレゴン州でソフトボールのチームで活躍している姉妹の元にある男が現れる その男は女子プロリーグ設立の為に全米から…

記事を見る

メリル・ストリープの「プラダを着た悪魔」

アレサンドロです。 https://www.rakuten.co.jp/ より 「プラダを着た悪魔」は、(The Devil Wears Prada)2006年に公開されたアメリカ映画です。 原作は,ローレン・ワイズバーガー。 物語は,ジャーナリスト志望の主人公が 悪魔のような最悪の上司の下で 前向きに頑張る姿を描いた サクセスストーリーです。 原作の小説は,主人公の姿が 同世代の女性から支持を受け、 ベストセラーとなり, 27か国語に翻訳されており、 日本語訳は早川書房から 発行されています。…

記事を見る

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

「胸糞が悪い」と評判のラース・フォン・トリアー作品を今まで避けていたのですが、ついに視聴してみました。胸糞が悪いと言っている方は、この監督の意図を読み違えていると思います。たしかに主人公は世の不条理によって追い詰められ無惨な最期を遂げる。が、彼女は空想することによって「世界」と繋がり最後の瞬間まで抗い続け、当初の目的も達成する。私の解釈が間違っていなければ、この作品は悲惨な状況にある人達へのエンパワーメントになっているのだと感じました。 youtu.be ダンサー・イン・ザ・ダーク ビョーク A…

記事を見る

中村義洋『ゴールデンスランバー』2010_竹内結子に就ての覚書

『ゴールデンスランバー』といふ映画を見た。コメディ調で趣味では無いと思つたが、竹内結子が出演してゐるとの事で。竹内結子ファンの方の推薦。 私は小学生の頃から、好きな女優を問はれると必ず竹内結子と応へて来た。彼女の追つかけではない。出演作品も数作しか知らない。だが『いま、会いにゆきます』といふ映画で彼女を知つて以来、私は囚はれてゐるのだ。上の画像はその映画から。黒き髪と眸、それと好個の対照を為す白絹の肌。気品に満ちた立居姿には、貞潔の白きローブがよく似合ふ。 だが一体、かくも私を魅了するのは、彼女…

記事を見る

【映画】『ノッティングヒルの恋人』:星と書店主のロマンティック物語

★この記事を読むと、「ロジャー・ミッシェル」が監督した1999年に公開されたロマンティック・コメディ映画『ノッティングヒルの恋人』が観たくなります。 ★詳細はこちら→『ノッティングヒルの恋人 - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ロジャー・ミッシェル - Wikipedia』 ★詳細はこちら→『ジュリア・ロバーツ - Wikipedia』 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){ar…

記事を見る

好きな人に理解して貰うことの難しさ|映画【オーバー・フェンス】

物語は一人の男の想起。立ち直りを描いている。 男は過去、ゼネコンで勤務し妻と子供を養い円満な日々を送っていたと思っていたが、現実は違い妻とは気持ちが離れ孤独と成る。その後一人の女と関係を持ち奮起する。 主人公の通う職業訓練校の描写はリアルに感じた。 建築科に属する主人公を取り巻くクラスメートはさまざまで、離職者、転職者が集う。 個々のキャラクターが気持ちいいくらいに成立していた。 中でも島田晃 役:俳優 松澤匠の演技はなまなましい。憶測だが高卒で就職し再就職をする為に職業訓練校に通っている。風貌…

記事を見る

【正直感想】「キラー・メイズ」で工作とB級映画の楽しさを思い出す

この映画の視聴理由はこの予告が全てだ。 youtu.be 55/100点 ダンボール製手作りダンジョン最高~~~👆👆!!もっともっと罠や部屋を見たかった~~~~☝☝!!魂に刻まれたつくってあそぼのエッセンス、工作に対するロマンが蘇るようだ。 予告にもあるが血飛沫まで紙テープで表現されており、スプラッタもポップかわいいのでグロ苦手人(にがてびと)でも、全く問題なくサドンデストラップを楽しめるというわけ。 ストーリーはシンプルで少々テンポが悪め。迷路前パートいつまで引っ張ってんだよーさっさと入ってく…

記事を見る

映画とクラフトビールのペアリング

今回のブログのテーマは【ChatGPT】に提案してもらったものです。 ふと、「皆もすなるChatGPTといふものを私もしてみむとてするなり」と思い立ちまして、かなり遅きに失した感もあるけれども、ブラウザ版にアクセスしてみたんです。 でも、何を聞きゃあええんかのう。 とりあえず、「ChatGPTに愚痴を聞いてもらうと、気持ちよく褒めてくれるらしい」という噂を耳にしていたので、最初は、まぁ、仕事が多くて疲れてます、書類の提出期限を守らない人が多くて困ってます、みたいな感じで話してたんですね。そしたら…

記事を見る

「愛と哀しみのボレロ」

午前十時の映画祭で「愛と哀しみのボレロ」を見てきました。この映画では、フランス、ドイツ、ソビエト、アメリカ、それぞれの国に暮らす4組の家族が描かれています。第二次大戦によって人生を狂わされた親世代、戦後の社会で自分の生きる道を探す子世代と、世代を交代させながら、これら家族の長い年月に渡るドラマが描かれます。また、この映画は音楽とバレエに包まれています。上に書いた各国の家族は、それぞれなんらかの形で音楽やバレエに関わる職業を持っています。ミュージカルでは無いのですが、随所でクラシックの演奏や現代の…

記事を見る

「暗殺の森」で評価の高い映像美に触れてみる

「好きな映画ベストXX」で見るとほぼ高い確率でヒットされる有名な作品。今更ですがアマプラで。 「暗殺の森」 映画.com 第二次世界大戦前夜のイタリア。幼い頃自分を犯そうとした運転手リーノを射殺してしまった記憶に未だ囚われるマルチェロ。精神病院に長く入院する父親、モルヒネ中毒の上お抱え運転手を愛人にする母親という、歪んだ環境から脱すべく、当時の波に乗るようにファシズム組織に加入、更にブルジョア家庭の平凡な娘ジュリアと結婚して「特殊ではない普通の自分」を取り戻そうとする。やがて組織からの指令で、自…

記事を見る

映画:インビジブル 暗殺の戦慄を弾く女。この恨み、はらさでおくべきか。

www.youtube.com インビジブル 暗殺の戦慄を弾く女を見ました。 スリラーというかサスペンスというか、のジャンル。 U-NEXTです。 アマプラで配信してたけど、もう終わっちゃったと思う。 とある盲目のピアニストがいるんですよ。 郵便受けで、上の階のきれいな女性と会話してる。 ある日、喧嘩するような声が聞こえるんですね。 すると、その女性が上から飛び降りた。 警察は、自殺か他殺か調べている。 何か見なかったか?いや違う。 何か聞こえなかったか? しかし、何も聞こえなかったという主人公…

記事を見る

韓国映画『あの日、兄貴が灯した光』(2016)感想 弟のために奔走した兄に涙、涙…

アマプラにて韓国映画『あの日、兄貴が灯した光』を視聴しました。 感想を書く上で、ネタバレが入ることがありますのでご注意ください。 キャストの感想 兄ドゥシク役のチョ・ジョンソクさん。 あれ、どこかで見たことあるなと思ったら、『青い海の伝説』で人魚仲間だった人物でした。 www.npd-ruru-rarara.com あの役、めちゃめちゃ好きだったので強く印象に残っています。 『建築学概論』にも出ていたみたいですが、残念ながらこちらは記憶になく…😅 www.npd-ruru-rarara.com …

記事を見る

映画「オーバー・エレベスト 陰謀の氷壁」

墜落した飛行機にあるという機密文書の回収への同行依頼がヒマラヤ救助隊のあるチームに来た。特別捜査官から提示された多額の報酬を提示され、苦しい運営資金も手伝ってチームは捜索を引き受けることになる。 デスゾーンと呼ばれるエレベストの危険な地域に墜落した飛行機に向かう山岳アクション映画。過酷な雪山・・・のはずだが、ファンタジー要素を入れ込み過ぎて、普通の雪山登山っぽい印象だった。冗長なシーンも多く、期待とちょっと違った映画でした。 役所広司って器用だな・・・と改めて思ったけど、なんで出演したんだろう・…

記事を見る

韓国ドラマ 「カジノ」 感想・レビュー カジノ王のカリスマ性

チェ・ミンシク × イ・ドンフィ× ソン・ソック 共演 お腹をすかせた貧しい少年だった男が フィリピンで 億単位の金を動かす カジノ王に 成り上がれるか 2023年青龍シリーズアワードで最優秀作品賞 を受賞したちょっとコミカルなノワールドラマ 出典 ©️Disney+ (ディズニープラス) 「カジノ」 演出・脚本 カン・ユンソン 映画 「犯罪都市」,「犯罪都市2」 [:content カジノ (全16話) ★★★★★★☆ 星6つ 韓国放送 シーズン1 (全8話) 2022年12〜1月/ シーズン…

記事を見る

映画感想『ムーンライト』孤独を照らしてくれる月明かり。

『ムーンライト』2017年 麻薬中毒の母を持ち、学校ではいじめられる孤独な少年シャロン。 そんな彼を気にかけてくれる麻薬ディーラーの男と、ひとりの同級生。 少年から青年へと成長していくシャロンの物語。 フィクションのようなドキュメンタリーのような、そんな不思議な映画でした。 孤独な『シャロン』の生活を少年時代から青年時代まで追いかけていく物語。 シャロンはとても無口で、なにを考えているのかよくわからない。 でも無口だからこそ、こうなのかな、ああなのかな、と思考の余地ができて、 物語の主人公である…

記事を見る

イオンシネマ新潟南:おすすめ座席(スクリーン1・IMAXレーザー)

イオンシネマ新潟南 スクリーン1(IMAXレーザー)のおすすめ座席をご紹介します。 K列15番 または K列14番 https://www.aeoncinema.com/theater/access/81061_facility.html イオンシネマ新潟南 Screen01 イオンシネマ新潟南 1スクリーン

記事を見る

チュ・ジフン七変化 映画「ジェントルマン」

捕まった探偵が、自分が巻き込まれた事件について語り始めるが、嘘発見器の判定は「嘘をついている」。二転三転する事件の真相は? チュ・ジフンの魅力たっぷりのコンゲームもの。 悪役の造形が、韓国社会を反映しているようで面白い。 犬もかわいい。 気楽にみられる娯楽作。 klockworx-asia.com

記事を見る

最高です、ソクト刑事 映画「犯罪都市 NO WAY OUT」

シリーズ第三段。 今度の敵は、日本のヤクザと、癒着した汚職刑事。 ハイパーと呼ばれるドラッグが日本から持ち込まれ、広がってしまう。マ・ドンソク演じるソクト刑事は、事件を追い始めるが、薬は、暴力団の横流し品で、東京の組長はその回収と横流しした組員、そして韓国の密売パートナーの片付けのために、殺し屋を送り込む。 かくして、日本のヤクザ、送り込まれた殺し屋たち、韓国の薬密売パートナー、そしてすべてを殴り倒すソクト刑事の攻防が始まる。 今回の敵もかなり凶悪で、やたらたくさん出てくるのだが、もうマ・ドンソ…

記事を見る

映画『フレディ・マーキュリー SHOW MUST GO ON』の感想は文章で十分。

ランキング参加中映画 ランキング参加中【公式】2023年開設ブログ ランキング参加中節約 (C) 2023 あなたにこんばんは! 今日は映画感想漫画を描こうと思ったが、心に刺さらなかったので、次回もゴジラ映画か、別の映画になりそうですね。 フレディ・マーキュリー SHOW MUST GO ONの感想はブログ(文章)で済ませたいと思います。 とにかく、フレディ・マーキュリーの歌声以外に、フランク・シナトラさんやモンテ・キャバリエさんの声ぐらいしか、響くものがなかった。 期待していたものと違ったとい…

記事を見る

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー『マリア・ブラウンの結婚』(1979/独)

マリア・ブラウンの結婚 ハンナ・シグラ Amazon ★★★★ 1943年のベルリン。爆撃に晒されるなか、戸籍登記所でマリア(ハンナ・シグラ)とヘルマン(クラウス・レーヴィッチェ)が略式結婚式を挙げる。ところが、半日と一夜すごしたところでヘルマンが出征することに。戦後、マリアは米兵専門のバーで働き、黒人兵ビル(ジョージ・バード)と知り合う。ヘルマン戦死の報を受けたマリアはビルの子供を孕むが……。その後、色々あってマリアは実業家オズワルド(イヴァン・デニ)の秘書になる。 ドイツの戦後史と庶民のメロ…

記事を見る

映画ドラえもん のび太の地球交響楽 感想等

僕のフォロワー層に関する悲しい経緯今年も自分しかドラえもん行かないだろうし感想記事書くか…— cork (@cork0305) 2024年3月2日 ネタバレあり! 概要 学校の音楽会に向けて、苦手なリコーダーの練習をしているのび太。その前にあらわれた不思議な少女・ミッカは、のび太の吹くのんびりのんきな「の」の音を気に入り、 音楽がエネルギーになる惑星でつくられた“音楽【ファーレ】の殿堂”にドラえもんたちを招き入れる。ミッカはこの殿堂を救うため、一緒に演奏をする音楽の達人【ヴィルトゥオーゾ】を探し…

記事を見る

映画『ARGYLLE/アーガイル』感想

こんにちは。 映画『ARGYLLE/アーガイル』を観てきたので、あっさりめの感想を残します。 ※ネタバレを含みますのでご注意ください。 私は、どちらかというと邦画派で洋画はあまり詳しくないのですが、なぜか洋画のスパイ映画は昔から大好きで結構観ています。 キングスマンシリーズも好きだったので、アーガイルはとても楽しみにしていました! この映画にはスパイが使うガジェットや、施設のシステムに侵入して裏でミッションをサポートしてくれる仲間といったスパイ映画の醍醐味(と私は思っている)要素はあまり出てきま…

記事を見る

映画「 アイアムアヒーロー」

この時期に見てよかった。 ただのゾンビ映画ではなかった コロナ禍やら地震や戦争という何が起こってもおかしくないような昨今この映画をただのゾンビ映画にはおもえなく見いってしまった。 映画のゾンビのいる世界での人の暮らし方に妙に納得してしまった。多分、公開した当時より、今の方がこの映画を面白く感じるのではないか

記事を見る

残り335日 映画「シャッターアイランド」の感想(ネタバレなし)

こんにちは、MrBeaverです。 今回は映画「シャッターアイランド」を見た感想を書きたいと思います。 監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオです。 あらすじ ボストンの沖合に浮かぶ孤島、シャッターアイランド。そこには精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があった。ある日、レイチェルという女性患者がその病院から姿をけしてしまう。連邦保安官のテディは失踪事件の捜査のため島を訪れる。 感想 一般的には主人公の視点で物語を見ると思いますが、私は違いました。医療をかじってい…

記事を見る

映画:Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼。忙しいな、あんた。

www.youtube.com Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼を見ました。 アマプラかな。 サスペンスです。 アマプラでの無料配信はちょうど終わったと思うから、たぶんU-NEXTあたりではやってると思う。 R15ぐらいだったと思うよ。 ケビン・コスナー主演のサスペンス映画。 題名の通りに、Mr.ブルックスがケビンコスナー。 勿論、殺人鬼役ってこと。 凄い金持ちの事業家、ブルックスが、ある日殺人をカメラで撮られちゃうんですよ。 脅しか? そう思ったら、カメラを撮ったやつね。 「俺も混ぜてくれ」 …

記事を見る

密偵

2016年 韓国作品 YouTubeの「韓国映画35本で学ぶ朝鮮半島現代史」で紹介されていたので見ました。(↑2024年3月16日まで無料。それ以降は有料会員限定です) 高校の時は近現代史というものがあまりに近くて生々しくて好きではなく、受験用には日本史近現代史を勧められたにもかかわらず世界史を取るという暴挙に出た(面白いので苦痛ではなかったです)ぐらいなので小説・映画にかかわらずノンフィクションでも避けていたのですが、少々向き合う気持ちも出て来たところに紹介があったのを機会として見ていこうと思…

記事を見る

PERFECT DAYS

何も悩みがない。 そう思える日がいつ来るんだろうと待ちわびて待ちわびて待ちきれなかった。 悩みがない日々はきっと、最高の気分だろう......と。 いつも私の頭は何かについて考え悩み苦しんでいた。 苦しむことに慣れていたのかもしれない。 でもね、ふと「あれ、今わたし、何にも悩んでない」そう思えた時、 「いいんだよね?」って不安になった。 あんなに待ちわびていたことなのに、気分は最高でも最低でもなく、 椅子に座って一点をぼーっと見つめたくなるようなそんな感じの気分だった。 頭の中はこんなにおしゃべ…

記事を見る

良作ではあるがヘンリー・カヴィルが好きならお勧めできない【#アーガイル】

私ね、ヘンリー・カヴィル大好きなんですよ。 多分最初に見たのは、ギリシャ神話を題材にした「インモータルズ−神々の戦い−」という映画なんだけど インモータルズ -神々の戦い- [Blu-ray] ヘンリー・カヴィル Amazon マン・オブ・スティールで、正に完璧な肉体といえる肉体美を披露して 個人的に一番好きなスパイ映画「コードネームUNCLE」でマッチョだけどスーツも似合うハンサムでプレイボーイなエージェントを好演してハートぶち抜かれまして コードネームU.N.C.L.E.(字幕版) ヘンリー…

記事を見る

OKコラルの決闘がメインテーマじゃない『荒野の決闘』

荒野の決闘 ジョン・フォード監督作『荒野の決闘』を観ました。 あらすじは牛飼いをするアープ4兄弟がたまたま立ち寄ったアリゾナ州トゥームストーンにて、アープ家の次男・ワイアットが酒に酔って暴れるインディアンを撃退したことで町長から保安官にならないか誘いを受けます。 その誘いを断り牛の見張りをする弟・ジェームズの元に戻ると彼は殺され牛を盗まれてしまいます。 弟を殺した犯人を捕まるためにアープ兄弟はカウボーイから保安官へ。 トゥームストーンには賭場の元締めで銃の腕前と元医者として知られるドク・ホリデイ…

記事を見る

「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」 1993

★★★☆☆ あらすじ 1870年代ニューヨークの上流社会。名門の家長で弁護士の男は、スキャンダラスな噂で社交界を騒がしていた婚約相手の従姉に思いを寄せるようになる。 www.youtube.com 感想 上流社会の男が、婚約者の従姉であり、幼馴染である女と密かな愛を育む物語だ。主人公は婚約中で、女は離婚を考えヨーロッパから戻ってきた身と、両者共に微妙な立場にいる。互いにしがらみがなければ何も問題はなかったのだろうが、その立場や世間体が二人の恋を困難なものにした。だがそれが二人を燃え上がらせた側面…

記事を見る

映画「ザ・バンク 落ちた巨像」

映画、ザ・バンク 落ちた巨像 の紹介です。 ザ・バンク 堕ちた巨像 [Blu-ray] クライヴ・オーウェン Amazon 世界の富裕層から莫大な資金が集まる、欧州を代表する巨大銀行IBBC。 しかし、その取引にはある違法行為の疑いが・・・。 ニューヨークの検事局エレノア・ホイットマンと共同で捜査に乗り出した、 インターポール捜査官のルイ・サリンジャー。 最後までみたんだけど あまりのめりこめず。 せっかくのナオミ・ワッツも持ち腐れかな。 あと、この映画のタイトルが ザ・バンク 落ちた虚像 だと…

記事を見る

943. 運命じゃない人

引用元:amazon.co.jp 2005年の作品 金曜日、仕事終わりの宮田(中村靖日)は、買ったばかりの、しかも「彼女に出ていかれたばかり」のマンションに帰宅する すると親友の勇介(山中聡)から電話があり、強引にレストランに呼び出される 食事中、勇介は宮田を元気づけるために、後ろのテーブルに居たお一人様のあゆみ(板谷由夏)に声を掛け、同席してもらう すると驚くことに、あゆみもまた婚約を破棄され、その日の宿泊先も決めずに飛び出してきたところだった ところがあゆみがふたりのテーブルに着いて早々、勇…

記事を見る

ケビン・コスナーの「ダンス・ウィズ・ウルブズ」

アレサンドロです。 Dances with Wolves 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」は、(原題:Dances with Wolves)監督・主演・製作ケビン・コスナーによる1990年のアメリカ映画です。 Dances with Wolves 第63回アカデミー賞では、作品賞をはじめ7部門を受賞しました。 物語は、1861年から繰り広げられた南北戦争時代のフロンティアを舞台にケビン・コスナー演じる北軍の中尉と、スー族と呼ばれるインディアンとの間で交わされる心の交流を描いた西部劇です。 Dance…

記事を見る

映画「ズートピア」

ディズニー作品は基本あまり好きでは無いのですが、見た以上紹介しない訳にもいかないので。感想としては、まあ手堅い出来でした。人種偏見に対するカウンターを、子供向けにアレンジしてましたね。 youtu.be

記事を見る

団塊の世代へメッセージ|映画【お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方】

2025年問題*1を背景に団塊の世代が取り巻く何かに向けたアドバイスではないだろうか。 私の父もそのど真ん中であり。俳優、橋爪功さんが演じる役:お父さんの立ち振る舞いそのままの印象を私の父に重ねてみる。この10年から5年程前を線引きしても作品で演じる橋爪功さんの役そのまんまだ。正直観ている側としては痛々しくもあるがそれが時間の経過か。 物語は当たり前が通用する日常の中で主婦業を担う最愛の妻が突然倒れる。そしてやっと自分の置かれた状況と自分が毎日している事に気づくことが出来る。現実世界ではそれに気…

記事を見る

劇場を観る:音楽と歌いたい気持ち

こんばんは。カイガです。 本日は昨日から公開された映画を観に行きました。 それは『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』です。 私は人生で一番最初に読んだマンガが『ドラえもん』なだけあり、 映画ドラえもんには毎年足を運んでいます。 今年は「音楽」がテーマになっている作品でしたので、 今まで以上に劇場の音響を楽しみにして観ました。 詳しい感想は避けますが、あの「懐かしい一節」を聴いて 思わずグッときてしまいました。 音楽自体、私にとっては本当に無くてはならないものですし、 家にイヤホンを忘れた日には…

記事を見る

ワンピース映画の順番と公開時期を調べてみたら

ワンピース映画の順番と公開時期を調べてみたら 写真AC ワンピースに対する興味が湧いてきたので、調べてみました。個人的にどんな映画がどれだけ放送されているか知りたくて、自分でまとめてみたところ面白かったため、ブログにも書こうと思います。調べて分かった事も書いていきますね。 ワンピース映画 公開順序と公開年月日 01 ONE PIECE 2000年3月4日02 ONE PIECE ねじまき島の冒険 2001年3月3日03 ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 2002年3月2日04 ONE …

記事を見る

映画「Winny」

一人の天才プログラマーが作り出したWinnyは、簡単にネットワーク上でファイル交換ができるシステムであった。だが、著作権を侵害する行為も行われた。当局は、開発した金子を逮捕に踏み切るのであるが・・・。 Winny事件をもとにした映画である。単に著作権心がだけではなく、機密文書の流出も発生し社会問題化したソフトウェアの開発者の罪を問う裁判を描いている。開発者と弁護士の人間模様を中心に展開される。並行して展開する警察内部の告発事件。警察がWinnyによる情報流出の意趣返しのような背景は・・・果たして…

記事を見る

映画『マダム・ウェブ』

あらすじ ニューヨーク。救急救命士として働くキャシー・ウェブ (マダム・ウェブ) は、一人でも多くの命を救うため日々奮闘していた。ある時、救命活動中に生死を彷徨う大事故に巻き込まれてしまう。それ以来、キャシーはデジャブのような奇妙な体験を重ねるのだった。自分に何が起きているのか戸惑うキャシーだったが、偶然にも出会った 3人の少女たちが、黒いマスクの男に殺される悪夢のようなビジョンを見てしまう。それが未来に起きる出来事だと確信したキャシーは、少女たちを助けることを決意。未来が見えるという不思議な力…

記事を見る

お寿司🍣とおにぎり🍙とおばあちゃん👵

皆様こんにちは😊。 NOBUBUBUBUです✨ 皆様はお寿司どーやって食べます❓ は❓っと思ったあなた… では、おにぎり🍙どーやって食べます❓ 手掴みでしょ❓ 両方共基本【素手】で握ったものです✨。 両方共本来【素手】で食べるものです🤤。 最近は素手で握ったおにぎり🍙は気持ち悪い…だからお寿司🍣も箸🥢で掴んで食べる…みたいな人が残念ながら多くなってる様ですm(_ _)m。 嘆かわしい😡💢。 時代のせいか最近はあまり聞かなくなりましたが、昔はあのおばあちゃんが握ったおにぎり🍙超美味しいよねぇ👵みた…

記事を見る

『マダムウェブ』を擁護する感想記事

先週『マダムウェブ』を観ました。当方がにわかアメコミファンということを差し引いても、十分にオリジンストーリーとして感動できる面白い映画だったと評価いたす。 ところが映画レビューサイトのRotten Tomatoでの批評結果は以下のとおり。 www.rottentomatoes.co ` 個人的には、そんな下馬評を覆すエンタメ作品として良質だったと評価をしたい。まさに本作のエンドで言っていた「未来はわからないから面白い」的なことなのであり(観てから1週間経っているので記憶が定かではないけれど)、世…

記事を見る

映画感想『RUN』歪みすぎた母の異常な愛。

『RUN』2021年 生まれつき体が弱く、車イス生活をしている母親とふたり暮らしのクロエ。 そんな彼女は大学受験をし自立しようと日々奮闘。 母も応援してくれているはずだったが、ある日謎の薬を飲まされるようになり…。 最初は、よくできた娘と、献身的だけどちょっと変わったお母さん、 という雰囲気だったのに、途中から一気にホラーに変わっていく展開。 どうするんだろう、どうなってしまうんだろう!! という恐怖に終始震えながら見ていました。 ある日突然増えた新しい薬。しかもその薬には不審な点が多い。 数々…

記事を見る

好きでよく見るテレビ番組

読書をするようになったからなのか、好きなテレビ番組が以前と比べて変わったように思います。 なんだかんだで一番見ているのは、TBSテレビの「東大王」です。 これだけは、放送がある週は毎回欠かさず見ています。 他の・・・・ 続きはこちら

記事を見る

タイトルを考える時間でお皿を洗いました

『テレビ千鳥』でノブの言っていた「猫20匹ババア」というツッコミで緊張が走った。 砂川文次の『ブラックボックス』読んだ。バイクメッセンジャーを生業とする主人公を軸に、コロナ禍、非正規労働、税金、アカルイミライなどを克明に描いた芥川賞受賞作。たしかに最近の芥川賞受賞作っぽいな、と思った。主人公がなにごとも継続できず、衝動的に職を転々としたり、人と喧嘩したりするので、耳の痛い感覚が終始あった。物語の中盤移行、主人公は自由競争社会から外れて制度によるルーティンライフに向かうわけだけど、そこで初めて自分…

記事を見る

「パリの調香師」と「ショック・ドゥ・フューチャー」を見てみました

「パリの調香師」と「ショック・ドゥ・フューチャー」を見てみました。仕事に密着したドキュメンタリーのような作り方のせいか、雰囲気がまったく違うのに見終わってみると「このふたつの映画は、似ているなあ」と感じました。 ・「パリの調香師」の主人公のアンヌは、かおりを作るのが仕事です。 一時期、嗅覚障害になったせいで、地位も名声も失ってしまった天才調香師です。 部屋にいるときも、移動中も、ずっとかおりをかいでるか、かおりを作ってますね。・「ショック・ドゥ・フューチャー」の主人公のアナは、若手の作曲家です。…

記事を見る