トピック一覧

映画

感涙

movies.shochiku.co.jp涙なしでは観られん 映画館 最近、月一映画を見ている。ジャンルは特に問わず、気の向くままランダムに選んで観ている。 番宣が過ぎると期待値をあげてしまって、期待のほかハズレ感を感じさせてしまうのもある。(最近では「ヘルドッグ」) www.youtube.com 今回の映画は当たりだった。あまり、期待もしてなかったのも良かったかもしれないし、過剰な番宣もしていない?(見てないだけかな)からだと思う。 宣伝しすぎて、期待値を上げすぎてもいけないよね。過剰広告は…

記事を見る

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(Guardians of the Galaxy Vol. 2)

記事を見る

ダンサー・イン・ザ・ダーク

マツコの知らない世界。映画音楽の世界を見て、改めて当時見なくてよかったと思える映画があります。それがダンサー・イン・ザ・ダーク。ビョークファンだった私は映画館へ見に行く気満々でした。でも見に行った人から”見るな”と強く言われたのです。 ダンサー・イン・ザ・ダーク(Blu-ray Disc) ビョーク Amazon 当時の私は仕事でもプライベートでもギリギリの精神状態だったので、今考えるとその人は、私が映画を見た後の事を考えたのかもしれません。 「救いがない。衝撃的すぎて絶望するから」というような…

記事を見る

映画「THE FIRST SLAM DUNK」を観て

12/3(土)についに公開されました、「THE FIRST SLAM DUNK」を公開日に観てきました。 特例で11/5(土)から座席予約は可能となっておりましたが、2週間ほど前にいつものイオンシネマ板橋で予約を行いました。 その時はまだ余裕があったため、そこまで人気でもないのかな?と思っていました。 私自身は学生時代バスケをやっていたこともあり、スラムダンクはドンピシャ世代ではないですが、漫画は読んでいました。 2018年に発売された新装再編版は全巻購入しました。 従来版との違いはキリのいいと…

記事を見る

「愛情物語」 1984

★★★☆☆ あらすじ ミュージカルのオーディションを控えた16歳になったばかりの少女は、自分を捨てた両親を探すために一人旅立つ。 感想 冒頭から映画「フラッシュダンス」やマイケル・ジャクソンの「スリラー」のミュージックビデオなどの影響をモロに受けたミュージカルを見せつけられて、気恥ずかしい気持ちにさせられた。この映画は、主演の原田知世が随所で意味なく踊らさせられるダンス映画だ。彼女はプロに混じるとさすがに見劣りするが、頑張ってはいた。アイドル映画としてはそれで十分だろう。 bookcites.h…

記事を見る

490. コンプライアンス 服従の心理

引用元:Yahoo.co.jp 2012年のアメリカ映画 アメリカで実際に起こった電話詐欺に基づくストーリー ハンバーガー店舗のマネージャーを務めるサンドラ(アン・ダウド)は、昨夜従業員の誰かのミスで冷凍庫の扉が開いたままになっていたことから食材ロスを出してしまう その事実をエリア・マネージャーに報告せずに何とか賄おうとしつつ、開店前のミーティングで昨夜起こったことへの注意と、忙しくなる金曜日の確認事項を従業員に伝える そして店が開き、忙しくなりかけた頃、一本の電話が鳴る それはダニエルと名乗る…

記事を見る

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」4K リマスターメモリアルボックス を買いました

最近は音楽だけでなく映画でも 4K画質での配信が行われるようになったこともあって、すっかり Blu-ray や DVD で作品を買う事が減ってしまいました。退屈しのぎだけなら Amazon の Prime Video だけでもかなりの数の作品を楽しむことが出来ますし、いつでも観ることが出来るよう自分の物としておきたい作品があったとしても、Apple の iTunes などを通じてリーズナブルに購入する事が可能です。 映画配信サービスの始まった頃はそれでもホームシアターシステムを構築して楽しむこと…

記事を見る

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)上映時間:141分

Amazon購入ページはこちら 評価【★★★☆☆】3.9/5点満点中監督 パティ・ジェンキンス脚本 ジェイソン・フックス出演者 ガル・ガドット クリス・パイン ロビン・ライト コニー・ニールセン エレナ・アナヤ 他… あらすじ 主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動…

記事を見る

映画『すずめの戸締り』レビュー

出典:映画『すずめの戸締まり』公式サイト suzume-tojimari-movie.jp 前説 ランキング 週間ランキング(11月26日~12月2日) 週末ランキング(12月3日~12月4日) レビュー Filmarks Yahoo!映画 映画.com sugarless time まとめ おまけ 前説 前回投稿した映画『ザリガニの鳴くところ』レビュー、11月23日に観てきたのですが、上映開始時刻はお昼ちょっと前から、実はその前に朝いちで『すずめの戸締り』も観ています。 www.sugarle…

記事を見る

すずめの戸締り

書いておこうと思ったので、忘れないうちに。 昨日、亀有アリオの映画館で、新海誠さん最新の作品を見てきました。 それが、「すずめの戸締り」 思った通りすずめ は人名。 感想から言うと天気の子と並ぶくらいの感動ですね。(=君の名 を超えるほどではなかった) ただ、言えることは、九州から東北までさまざまな人の出会いを通してほっこりしました。 あとは親子の関係は深いなぁって。 閉じまり申し上げます! かっこいいな。 ちらっと言いますがいくつか扉がありますがカギ一本で扉を閉めていきます。 鑑賞中思ったのは…

記事を見る

「ミセス・ハリス、パリへ行く」幾つになっても美しいものに素直に感動できる人は素敵なのです

とってもチャーミングな女性のお話。「良い人」ばかりが出てくるのだけれどダラダラ感が無い、後味の良い映画でした。 「ミセス・ハリス、パリへ行く」 映画.com 第二次対戦後のロンドン。家政婦のミセス・ハリスは夫戦死の訃報後も気丈に仕事をこなす毎日。ある日勤め先で見たドレスに心奪われ、特上の一着を入手すべく一人パリへ向かった彼女は、運良く憧れディオールの本店に。その気さくな人柄で周囲の人々を巻き込みながら果たして華やかなドレスを手に入れる事が出来るのか。 コツコツ真面目に働く気立の良さが取り柄の主人…

記事を見る

映画「スラムダンク」感想。ネタバレ。

映画、スラムダンク見てきました。 正直、予告を見た時、少し不安はありました。 あのCG感が凄い映像は、「なんか違うな・・・」ってなってましたから。 映画の内容としては「山王戦」がしっかり描かれていました。 これはすっごい嬉しかった!! ただ、「スポーツアニメ」というより、完全に「スポーツ」を描いているような・・・そんな感じ。。 リアルと言えばそうなんだけれど、「私は、バスケットっていうスポーツを見に来たんじゃなくて、アニメを見に来たんだよ!「アニメ、スラムダンク」を見に来たんだよ!」って人には、…

記事を見る

アーニャ・テイラー=ジョイは、「スーパーマリオブラザーズ映画」のピーチ姫の役割のためにゲーマーになりました

アメリカ・エンタメ情報Deadline12/5 Taylor-Joy は、象徴的なキャラクターの声を担当するスターがちりばめられたキャストに参加します Taylor-Joyアニヤ・テイラー=ジョイは、次のスーパーマリオブラザーズ映画でピーチ姫に命を吹き込むために彼女の声を貸しています. その役割に備えるために、Netflixのヒット作クイーンズ ギャンビットのスターはゲーマーになりました クリス・プラットがマリオ役,ジャック・ブラックがクッパ役です この映画は、ユニバーサル・ピクチャーズと任天堂…

記事を見る

最近見た存在しない映画(2022年11月)

ネオ・デビルマン(2018年、日本、監督:湯間博激、136分) 同じくネットフリックスオリジナルの「DEVILMAN crybaby」と同時配信されていた作品をなぜいまごろかというと「DEVILMAN crybaby」でダメージを受けすぎて手を出せなかったからで、だいぶ遅くなってしまったけど、ひとまず視聴できた。原作がアンソロジーなこともあって、本作も総勢10名の監督によるアンソロジー的な構成になっている。各作品のつながりはないけど、飛鳥了/不動明/牧村美樹だけはキャスト(アニメならCV)が共通…

記事を見る

映画を見たりポケモンを買ったりした最近

何やかんやとバタバタしていたら師走に突入してしまった。世の中が年末に向かっていく雰囲気が好きだというと、気楽だねと良く言われるのだけれど気楽に生きていきたいのでこれでいいかと思っている。昔から年末に向かうのが好きなのは子供だからでしょうか。そのうち私も年末年始を恨んだりするのかなあ、とか思いながら。 今月でこのブログも一年らしい。今一番続いている日記サイトは四年ぐらいなのだけれどそれ以外は作っては飽きて作っては飽きてを繰り返していたので一年続いたのは久しぶり。最初は読書記録のために作ったのに気が…

記事を見る

映画感想『今日も嫌がらせ弁当』 あらすじ 感想 まとめ

映画『今日も嫌がらせ弁当』 ◎映画『今日も嫌がらせ弁当』は 月間350万アクセスを記録したブログ 「ttkkの嫌がらせのためのだけのお弁当ブログ」から、 弁当と日記を抜粋し本にまとめたエッセイを映画化した作品。 ◎主演:篠原涼子 シングルマザーの母:持丸かおり(篠原涼子)が、反抗期が始まった娘に対して、卒業までの3年間「嫌がらせ弁当」で反撃する物語。「嫌がらせ」といっても、手間日かけた美味しそうなお弁当。お互い反発しながらも母親の愛情が感じられる映画にはホロリときます。 映画『今日も嫌がらせ弁当…

記事を見る

【ブラッド・ダイヤモンド】デカプリオ主演の社会派エンターテインメント

皆さん、こんにちは。 今年は忘年会の実施が多く、年末らしさを感じますね。気のせいか、早めに開催されることが多いような気がします。飲みすぎ、食べすぎ、忘れ物に注意して楽しみたいですね。 【ブラッド・ダイヤモンド】デカプリオ主演の社会派エンターテインメント 【ブラッド・ダイヤモンド】デカプリオ主演の社会派エンターテインメント 作品概要 おすすめ あらすじ 監督紹介 和食器のお店~13-Tableware ブラッド・ダイヤモンド (字幕版) レオナルド・ディカプリオ Amazon お薦め;★★★★ リ…

記事を見る

映画「シン・ウルトラマン」(2022.12.5)

Amazon Primeで「シン・ウルトラマン」を観ました。 長澤まさみさん演じる浅見弘子が巨大化してしまったのは笑ってしまったが、ザラブ星人とかメフィラス星人が出てきて、宇宙恐竜ゼットンが天体制圧用兵器という設定は面白いですね。子供の頃にウルトラマンを観ていた年代の方には観て欲しいですね。⭐️⭐️⭐️⭐️です。

記事を見る

【映画】「ランナーランナー(邦題)」舞台はコスタリカ!ジャスティン・ティンバーレイクにハマりたい【非合法カジノが人生を変える!】感想・レビュー

こんにちは、ぽんです いつも訪問ありがとうございます 今回は、2013年公開のアメリカ映画「ランナーランナー(邦題)」の感想・レビューです 前回ふと「TIME(邦題)」を見てから、なぜか無性に気になっていました…ジャスティン・ティンバーレイクに! 演技はクールなのに、歌手としてはポップでかわいい歌を歌う姿にギャップ萌えしました ジャスティン・ティンバーレイクのことは、存在は10年以上も前から知ってはいましたが、このタイミングでブームが来るとは…! そんなジャスティン・ティンバーレイク主演の映画で…

記事を見る

デンジャラス・ライ【97分】

デンジャラス・ライ【97分】 映画情報 2020年制作 時間:97分 製作国:アメリカ 原題:Dangerous Lies 監督マイケル・M・スコット出演カミラ・メンデスジェシー・T・アッシャージェイミー・チャンカム・ジガンデイ あらすじ 金欠にあえぐ看護人のもとに舞い込んだ、裕福な患者の全財産。それは幸せな人生の幕開けになるはずだった。ばく大な遺産に潜む恐ろしい秘密が顔を出すまでは...。 観ようと思ったきっかけ カム・ジガンデイ目当て ネタバレ感想

記事を見る

ついに「陸軍落語兵」が観られるぞ!

私は春風亭柳昇師匠の「与太郎戦記」「続・与太郎戦記」「陸軍落語兵」が好きだ。実は、私のブログの基本は「与太郎戦記」の書き方に影響されている。 学生時代のエッセイ「嗚呼!青春の大根梁山泊~東海大学・僕と落研の物語~」も、その延長線上である。「戦場」を「落研」に置き換えている訳だ。 私は大学生活で玉砕してしまったが、今も闘っている先輩や後輩が居る。かってにOB達を伝説化して自分に酔っているのだ。 今月、ラピュタ阿佐ヶ谷で「陸軍落語兵」の上映があるという。「与太郎戦記」は以前観たことがあるが…。「陸軍…

記事を見る

『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』(Election)

記事を見る

『グリーン・ナイト』自然へと還る、死へと向かう 劇場映画批評94回

題名:『グリーン・ナイト』製作国:アメリカ 監督:デヴィッド・ロウリー監督 脚本:デヴィッド・ロウリー 音楽:ダニエル・ハートマン 撮影:アンドリュー・D・パレルモ 美術:ジェイド・ヒーリー公開年:2022年 製作年:2021年 目次 あらすじ 死を覚悟する内面的な旅 「死」から解き放たれる方法 あらすじ アーサー王の甥であるサー・ガウェインは、正式な騎士になれぬまま怠惰な毎日を送っていた。クリスマスの日、円卓の騎士が集う王の宴に異様な風貌をした緑の騎士が現れ、恐ろしい首切りゲームを持ちかける。…

記事を見る

「真夜中のサバナ」 1997

★★★☆☆ あらすじ アメリカ南部の都市・サバナに仕事でやって来た記者は、知り合った富豪が起こした殺人事件の裁判を傍聴するようになる。原題は「Midnight in the Garden of Good and Evil」。155分。 感想 記者である主人公が、アメリカ南部の都市サバナに到着したところから物語が始まる。太陽が降り注ぎ、緑の多い街の様子は、テレビでよく見るニューヨークなどの大都市とはまた違った雰囲気で、これもまたアメリカぽさを感じる。 www.youtube.com どんな映画が知…

記事を見る

489. ウィンド・リバー

引用元:amazon.co.jp 日本 1 - 1 クロアチア (PK 1-3) ドイツ敗退の波乱はありながらも、オランダ、アルゼンチン、イングランド、フランス、そしてブラジルという常連国がベスト8 に勝ち進んだ中で、世界から見ても日本の存在は一番のロマン枠だったけれど 結果は残念ながらPKでの敗退 この試合に限らず、PKはオマケだから結果については仕方がないと考えている 勝っても(内容で勝ったわけではなく)次の試合に進める権利を得たというだけ、負けても誰も責められない 唯一残念なのは、延長に入…

記事を見る

映画は「すずめの戸締り」ランチは三鷹の「319」で素敵なランチ

今日(日曜日)は吉祥寺のお友達と映画とランチに行ってきました。 今日はそのまま私が行きたかったお風呂に行くために、車で友人を拾ってから行きました。 三鷹でランチをしたのですが、友人は三鷹にはいつも仕事でも行っているために、とっても詳しいのです。 映画はお風呂の関係で武蔵村山のイオンの映画館まで行ってきました。 まずは映画について書いてみたいと思います。 「すずめの戸締り」はご覧になった方も多いと思いますが「新海誠」監督の集大成とも言える新作です。 感想としては、私にはなんとなく「既視感」を随所に…

記事を見る

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観た感想 ファンをも救うヒーロー映画

Amazonプライムビデオで『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見た。あらかじめトビーマグワイア版3部作とアンドリューガーフィールド版2部作を見た上で。 感想を一言で言うと「カタルシス」。それも単体の映画の枠を超えたカタルシスがあった。その意味でスパイダーマン版の『エンドゲーム』。 ある人がヒーローと呼ばれるのは、本来不可能なことを成し遂げること、すなわち奇跡を起こすこと。その意味でまさにヒーロー映画。 また、困った人を助けるのがヒーローというスタン・リーの言葉を借りれば、続編が出なくて悲…

記事を見る

リスの住宅難(1947年製作の映画)上映時間:7分

視聴はこちらから(ディズニープラス) 評価【★★★☆☆】3.5/5点満点中 監督 ジャック・ハナー脚本 ディック・キニー Bob North出演者 デジー・フリン ジェームス・マクドナルド クラレンス・ナッシュ 他… あらすじ ドナルドは寒さをしのぐために暖炉に火をつける木を探す。と、そこに丁度いい古木があった。しかしその木はチップとデールの住む場所で…。 総評 原題は「Chip an' Dale」で、あの名コンビチップとデールの名前が初登場した作品になります。しかし、名前を冠した作品でも主人公…

記事を見る

すずめの戸締り

はい、推し目当てだよー!!!(潔い) 本当は自担でもないし、節約しなきゃだし、TV放映でいっかなーと思ってたんだけども。 あまりの評判のよさに我慢できずに1100円の日に休みだったから、行っちゃった(はぁと) 評判はもちろん、作品自体もなんだけども! ジャニヲタとしては、初声優っぷりがアニメ界隈のヲタクの皆様にもお褒め頂いているのがうれしくてうれしくてね!!!!(おかん) まあ、そもそもイケメンボイスなのでそれだけで印象も3割増しだけどさ。(贔屓目) にしても、すずめちゃんも草太さんも迫真のお芝…

記事を見る

映画鑑賞『すずめの戸締まり』

11月11日の公開からひと月ほど経つというのに、たくさんの人でした 公開後すぐに行った人が『新海誠本』なるものをもらったと言っていて、いいなぁと思って聞いていたのですが、12月3日から配布が始まった『新海誠本2』を入手することに成功しました! 『新海誠本2』の配布があってることを知らずに行ったので、とても嬉しく思いながら、始まるまでに少し中身を覗こうかと思って1ページ目を開くと、「ご鑑賞後にお読み下さい。」の注意書きが見えたので、ガマン、ガマン、、、と本を閉じて上映を待った 始まって、やっぱり思…

記事を見る

映画感想『すずめの戸締まり』

suzume-tojimari-movie.jp ほとんど映画館で映画を見に行かない人間なんですけど、黒髪ロン毛イケボ青年が気になりすぎて映画館に足を運んでしまいました。 ※ネタバレ感想です。 ※小説や入場特典などを読んでない、映画本編を一度見た感想です。 ※まだ見ていない方、ネタバレを見たくない方は注意してください。

記事を見る

【すずめの戸締り】名作?傑作?新海誠監督の最新作の感想と考察【ネタバレあり】

2022.11.11に公開された「すずめの戸締り」。「君の名は」や「天気の子」で一躍大ヒットを連発した新海誠監督の最新作です。すでに大ヒット作になっており、そして内容もかなり高評価ようです。今回はそんな「すずめの戸締り」を遅ればせながら見てきましたので、レビューと考察をしていきたいと思います。ネタバレを含みますので、映画未試聴の方はご注意ください。

記事を見る

映画/沈黙のパレード

映画館で観た映画です。2022年制作、日本のミステリーヒューマンドラマです。 沈黙のパレード (文春文庫 ひ 13-13) 作者:東野 圭吾 文藝春秋 Amazon galileo-movie3.jp www.youtube.com 【あらすじ】物理学者・湯川の元に内海刑事が訪れる。湯川の職場近くにある料理屋の娘・並木佐織が遺体となって発見されたのだ。容疑者の名前は蓮沼。かつて湯川の親友である草薙が、完全黙秘――『沈黙』によって不起訴にしてしまった男だった。だが蓮沼は、菊野市の秋祭りで行われるパ…

記事を見る

【最速】名作『スラムダンク』の”THE FIRST SLAM DUNK”がいよいよ公開!物語の構成や個人的感想・グッズ情報などレビュー。注意事項は原作を見ることが必須⚠︎

いよいよ2022年12月3日より公開となった『THE FIRST SLAM DUNK』当時バスケの大ブームを引き起こしたスラムダンクが、数十年の時を経て映画化となった。 しかし、土壇場で声優がオール変更等でTwitterなどで大炎上し、映画の内容も結局公開当日まで不明状態だった。 「完全オリジナルストーリーじゃないか?」「アニメ版からの続きじゃないか?」「もう一回初めからの話じゃ無いか?」 など、多く推測がとんだ。 私もドストライク的にスラムダンク世代ということもあり、原作を何度も見返すぐらいの…

記事を見る

ブラックアダム

www.youtube.com 原題:Black Adam監督:ジャウム・コレット=セラ原作:DCコミックスアメリカ映画 2022年☆☆☆★ DC映画最新作。「シャザム」のライバルキャラクターであるブラックアダムをドウェイン・ジョンソン主演で単独映画化。 政府の人間でアマンダ・ウォーラーがちょこっと出てますので、時系列は不明なものの、一つ前の「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」に続くDCエクステンデッドユニバースの11作目として世界観は共有してるものと思われます。 「シャザム」でも直…

記事を見る

『W杯日本代表ベスト8を祈願!!『不安 ペナルティキックを受けるゴールキーパーの……』ノーベル文学賞作品を紹介』

(本当にすげえです。わたしはオリンピックと世界陸上と世界水泳とアジア大会とそしてW杯は基本見る、スポーツ大会スーパーエンジョイ勢なんですけど、その中でも日本対スペインは最も感激した試合の一つになりました。今日はクロアチア戦、ぜひ打ち破ってベスト8に進出して欲しいですね。) 現在行われているFIFAW杯2022。 日本代表は強豪ドイツに劇的勝利を見せるも、コスタリカに敗退。 GL突破にはまたもや強豪スペイン相手にジャイアントキリングをかまさなければならないという絶望的な状況であったものの、まさかの…

記事を見る

スーパーウルトラ大資本ディズニー

スーパーウルトラ大資本ディズニーが言語SFを欲しがってそうだけど 日本の映画会社は積極性を見せないのかい? 東宝も東映も松竹もソニーもKADOKAWAもみんな興味ないの? お金ないのか……

記事を見る

ブラックアダム

先週末に観た映画は1本だけで、「ブラックアダム」を観てきました。とりあえず、先に言ってしまうと、ヒーローチーム「JSA」のキャラクターについては理解していた方が楽しめると思います。自分は全く知らなかったので、ちょっと感情移入できなくて残念でした。※基本的なストーリー等は何も知らなくても充分楽しめます。とはいえ、JSAのキャラクターたちは映画になっているわけではないので、コミックやネット等で調べるしかないんですが。それはそれとして、映画としては、アクションもブラックアダムの強さを見せつけるような演…

記事を見る

(映画)人間革命(1973年)(12月7日追記あり)

気がつけばもう12月 自主映画の撮影が全て終了したのが8月末 そこからずーっと編集作業が続いています 12月末に仮編集版が出来上がる予定です さて 編集作業の合間にLUMIX GH6の テスト撮影を行なったり 映画を鑑賞してたりします そんな中観た1本の映画が 1973年10月6日に公開された 映画「人間革命」です (日本映画専門チャンネル公式ツイッターより転載) 原作は池田大作先生の小説で 私は原作の小説は全て読んだのですが 実はまだ映画版を見たことがなかったのです 2020年に日本映画専門チ…

記事を見る

アトラクション性と光 ー オードレイ・ディヴァン『あのこと』

オードレイ・ディヴァン(Audrey Diwan)による2021年作『あのこと(Happening)』について。 シンプルな物語構造によってサスペンスを維持する、『ゼロ・グラビティ』のようなアトラクション映画であり、そのアトラクション性によって中絶が違法だった時代のフランスで妊娠した学生の孤独な戦いを観客に体験させる映画。ロングショットかつ長尺ワンカットの撮影によって、カメラが主人公の主観と同期したような映像になっていて、さらに主演のアナマリア・バルトロメイの演技が凄まじく、その発する感情や感覚…

記事を見る

【映画】「シャッターアイランド(邦題)」閉ざされた島で起きた不可解な事件…必ず2度見たくなる伏線回収【真実はどこにあるのか?】考察・レビュー

こんにちは、ぽんです いつも訪問ありがとうございます 今回はミステリー作品の代表作ともいえる「シャッターアイランド(邦題)」の感想・レビュー記事です 「シャッターアイランド(邦題)」自体を見るのは2回目 オチが分かるからこそ、張り巡らされた伏線や登場人物のセリフ・目線などにより一層意味を感じることができます 初見の方は、ネタバレなしで、伏線の回収の仕方やオチを体感することをお勧めします! それでは、どうそ! スポンサードリンク 「シャッターアイランド(邦題)」概要 1954年、連邦保安官テディ・…

記事を見る

2023年01月06日、販売。二宮 和也 主演「TANG タング」

「TANG タング」 ある理由から、自分の夢も、妻・絵美との未来も諦めてしまったダメ男・春日井 健(かすがい けん)。 ある日、健の家の庭に記憶をなくした迷子のロボット、タングが現れる。 時代遅れの旧式のロボットを最初は捨てようとする健だが、失われたタングの記憶には、世界を変える秘密が隠されていた。 謎の追っ手が迫る中、二人は大冒険を繰り広げる。 ポンコツ同士の”絆”を描く感動アドベンチャー! <キャスト> 春日井 健:二宮 和也 春日井 絵美:満島 ひかり 野村 桜子:市川 実日子 加藤 飛鳥…

記事を見る

すずめの戸締まり

11/20 イオンシネマ新百合ヶ丘にて鑑賞。 "キミ"と"ボク"の、"セカイ"との関わり方。 やっぱり本作もその構図が見て取れるのだけど、 "キミ"と"ボク"の関係が、最近の「君の名は。」「天気の子」に 比較すると希薄なだけに、セカイ系の文脈で語るような作品ではないかも。 新海誠にしてはストーリーの破綻も少なかったと思う。 まどマギの影響も感じられるが、それも一種のミスリードとしても働いているし、 すずめの心象風景の処理の仕方は心地良さも感じられた。 ロードムービーや家族物としての描き方も、物語…

記事を見る

【映画】すずめの戸締り ネタバレと感想 少し考察

こんにちは、もさこです。 先日すずめの戸締りを観てきました。 監督は「君の名は。」「天気の子」を手掛けた新海誠さんです。 時に君の名ははめちゃくちゃ流行ってりましたね、もちろん私も映画館で観ました。 でもその時は世間が騒ぐほど私は面白いとは思わなかったんですよね。 なにしろ私は恋愛系が面白いと思わない人なので・・特に純愛系。 けれども世間では大バズリ。 みんなこういうのが好きなんだ~ と思いました。 よって今回の映画は別に観る気はなかったんですよね。 どうせキラキラ女子高生の恋愛と、かわいい猫キ…

記事を見る

すずめの戸締まり(ネタバレあり)

12/3土曜日の昼過ぎに三宮で「すずめの戸締まり」を見てきた。 結論としてとても良かった。 だが、テーマが震災なだけに賛否は分かれるのかなと感じた。 ただそんなことは作り手が1番理解していると思うし、それでも悲しみに浸かっている人の背中を押してあげたいといういじらしさや優しさを感じて私はとてもよかったと思う。 以下は私の偏見と妄想とネタバレがぐいぐい入ってくるのでご了承願いたい。 映画の中で出てくるすずめは被災した方々を初め、映画を見ている私たちでありそれと一緒に旅をする足の欠けた椅子(ムナカタ…

記事を見る

ステップ【118分】

ステップ【118分】 映画情報 2020年制作 時間:118分 製作国:日本監督飯塚健 出演 山田孝之/武田健一白鳥玉季/武田美紀伊藤沙莉/ケロ先生川栄李奈/成瀬舞広末涼子/斎藤奈々恵 あらすじ 結婚3年目、30歳という若さで妻の朋子に先立たれた健一。妻の父母から1人娘の美紀を引き取ろうかと声をかけてもらったが、健一は妻と時間をともにした妻の気配が漂うこの家で、娘と天国にいる妻との新しい生活を始めることを決める。娘の美紀の保育園から小学校卒業までの10年間、さまざまな壁にぶつかりながらも、亡き妻…

記事を見る

「ショーシャンクの空に」中途半端な理想論は一切無く映画ならではのラストのどんでん返し的復讐で報われる《映画感想/レビュー》

視聴後率直に思ったこと・考えたこと5つ どこにいても、自分のいる場所で自分の役割をやることで自分を活かせる 知識や学は使ってナンボ どの業界でもどんな立場でも色んな人がいて、理不尽や不公平すぎる事ばかりだが時として信じられない希望を見出せることもある 人間性は学歴や職業や財産だけでは計りきれない どんなに小さなとことでもずっと続けて年月を重ねることで大きな一歩になる 無罪が証明できず終身刑になり刑務所の中 での希望と絶望の長い日々を送りながら、 厳しすぎる現実をそれでも生き抜き希望を叶えるストー…

記事を見る

映画「岬の兄妹」(2022.12.4)

WOWOWで以前から気になっていた「岬の兄妹」を観ました。 かなりズドンと来た映画でした。観るのがしんどいけど最後まで止まれなかったです。生きていくことは簡単なことじゃないから覚悟しろって言われているような。本来日々生きることで精一杯なはずなので、将来のことを心配してもしょうがないってメッセージもあるのかな?観て楽しい映画ではないけど、観る価値のある映画です。⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️です。

記事を見る