純文学小説長編、短編、詩

純文学小説長編、短編や詩を綴る創作家たちのグループです。 御承知の程、御自由に御参加下さい。

Anyone who has made a Hatena Blog can join.
You can also display the group feed on your blog.
  • 久々にバク転を練習 こんにちは、暇をもてあそぶものです。 珍しく今日は現状報告をします。 緊急事態宣言が解除されたので久々に外に出てバク転の練習をしました!! やったー もともとバク転は緊急事態宣言が出る前から半年間ちょ… Read more
  • 日々に出会った美を追求していく!
    三島由紀夫『獣の戯れ』の安良里を訪ねて! 汗びっしょりになった服を変えようと、生活用品を扱っているMIROという店に行く。入口上の怪獣のオブジェが面白いので撮影した。 南伊豆休暇村の前は、弓ヶ浜海水浴場がある。白い砂浜が弓なりにひらけていて、… Read more
  • コメントお待ちしています。
    どうして、憂鬱な気分になるのだろう? もしも、あなたが、そう思うのだとしたら、自分は、 あなたを羨ましいとさえ思います。 悩む。悩めるということは、若者の特権なのです。 悩んで、悩んで悩み抜いてください。 そして、何を見たか教えてください… Read more
  • 目が腐る小ネタと4コママンガを土日。ゲーム実況を月火。小説を水曜に更新!
    不審ー第18話 双肩銃ミスティ・ミラージュ マナビヤ特攻人 「そういやお前、ソルテアがどうのこうのって言ってたな、でもデルフィってのも知らないし、そんな人物も俺には分からん」 「そう……」 「それがどうしたんだ?」 私は母さんから聞いた情報をアルコにも伝えた。… Read more
  • 優しく、時に切ない、小さな物語を紡いでいきたいです。
    流れ星 流れ星よ ボクの悩みをさらっていっておくれ 広い宇宙の中では きっと些細な問題だろう 流れ星よ とどまらないキミが 羨ましいよ ボクは立ち止まってばかりさ 流れ星よ 一瞬のきらめきと 消えない灯りは … Read more
  • 不条理短編小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟
    ショートショート「売らない師」 僕はその日も売らない師の店を訪れていた。 売らない師の店では、なんでも売っているがなんにも売っていない。食品もおもちゃも洋服もペットも電化製品も、その他なんだかわからないものまで扱っているが、この店で… Read more
  • 日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。
    【小説】干天の慈雨 ~ココロにパフュームをⅢ 目に入る日の光が強い。 太陽の熱で焼かれた肌が、ヒリヒリと痛い。 そして。 「暑いっ!」 乾燥した空気が、大きく叫んだあたしの喉から、水分を奪っていく。 苛立たしくて蹴り飛ばした地面から、赤茶色の砂煙… Read more
  • アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々
    カクヨムコン5を終えて、どこへ向かうのか カクヨムコン5が終わりました。 私は短編部門で最終選考まで残ったのですが、最後の最後に落選しました。 投稿したのは、和漢折衷妖怪ファンタジー「山妖記」という小説です。 kakuyomu.jp もともと… Read more
  • 連載小説を書きます!
    かすみ荘の住人たち〜第九話〜 「最近、食欲はどうですか? よく食べてますか?」「ご飯はよく食べてますよ、食欲旺盛」「そうですか、良かったです! どんなの食べてるか、ちょっと冷蔵庫の中を見ていいですか?」「もちろん、どうぞどうぞ」 … Read more
  • 時おり、詩のようなものを書いてきました。すみません。吐き出させてください。
    雨が降って ぽつぽつと 雨が降ってきたよ ほら そのゴミ箱に突き刺さっているビニール傘 抜けよ人目があろうとも 抜けよ刀でも抜き放つつもりで それで雨をしのげる 本降りになってきた おーおー降れ 存分に降れ 降る… Read more