純文学小説長編、短編、詩

純文学小説長編、短編や詩を綴る創作家たちのグループです。 御承知の程、御自由に御参加下さい。

Anyone who has made a Hatena Blog can join.
You can also display the group feed on your blog.
  • アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々
    画廊を応援したい 髙橋美貴個展「魑魅の栖(すだまのすみか)」https://t.co/RaK7iCJkiV(🎟展覧会は全日オンラインチケット制です。)不安と安らぎが混在する矛盾を、絵に落とし込もうとしています。(髙橋美… Read more
  • 都々逸の学びと創作を中心に作詩関連や雑記、散歩写真など。
    惚れた証拠にあなたの癖がみんな私の癖になる(有名都々逸に学ぶ その二) 名作とされている有名な都々逸から、唄われている内容や使われている創作技術を学び、都々逸を習作してみる。 こうした行いは、有名な都々逸作品にインスパイアされてオマージュ作をひねり出すとも言えるし、「有名… Read more
  • 優しく、時に切ない、小さな物語を紡いでいきたいです。
    山の遠足 山は、どっしり座っていた。 ある秋の日のこと。子どもたちが遠足にやってきた。 山に登って、お弁当を食べた子どもたち。楽しそうな笑い声がひびいてきた。 山は、うらやましくなって、こう言った。 「ぼくも遠… Read more
  • 日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。
    月の砂漠のかぐや姫 第150話 (これまでのあらすじ) 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行… Read more
  • 映画、鬼滅の刃泣きそうになったわ!! こんちな、暇をもてあそぶものです!! いやーついさっき鬼滅の刃見てきたんですが! 特典!!なんとかもらえました! うれしい! 煉獄!わっしょい!わっしょい!! まま、そんなうれしい気持ちの中映画館に入… Read more
  • 活字がないとダメ系ヲタク。小説・音楽・詩・ときどき映画。自作の小説も書いてます。
    小説・海のなか(13) 前話はこちら。 kuromimi.hatenablog.com 「で?なんかあったわけ。じゃなきゃここにおれを呼んだりしねぇだろ」 一馬は海風に目を細めながら言った。その横顔を心底にくいと思う。ただ自… Read more
  • 目が腐る小ネタと4コママンガを土日。ゲーム実況を月。ラジオを火。小説を水曜に更新!
    小説:魔獣記 ミスティミラージュ・ファントム(連載中) あらすじ 豊富な知恵を持つ人間族と魔力を有する魔獣族が存在する世界。 争いにより魔獣族は絶滅。人間族が残った世界では、魔獣族は悪という常識が広まりつつあった。主人公バルトも、当然のように魔獣族が悪だと… Read more
  • Across a Night いつもここを通る。この道を。 薄気味悪い墓地の前に車を止める。 時計を見ると、3:41 AM 男はバックミラーを見る。 Uターンしていつものガスステーションに向かって車を走らせる。 レジに駐車Noを伝… Read more
  • 時おり、詩のようなものを書いてきました。すみません。吐き出させてください。
    ロッカーの扉 ロッカーの扉 僕のだけ閉まらないんだ ほかの人のはちゃんと閉まるんだけどね 原因 もちろん知っているよ 僕のロッカーだからね 2020.6.9 + ただ、空。 Read more
  • 強さの定義 ── 強くあろう、そして何より幸せであろう── つぶやき Blue 16 強い、というのは── 完全である、ということではなく、不完全であったり、何ひとつ達成していなかったりする自分をそのまま尊重し、なぜかしら惹かれ続ける〝そのこと〟に信を置き、い… Read more