小説 novels

物語や小説なら何でもOKです。

Anyone who has made a Hatena Blog can join.
You can also display the group feed on your blog.
  • 趣味で小説を書いたりしております。カクヨム等で投稿しております。活動のメモを記しておくためのブログです。最近はただの日記になりつつあります。
    活動記録 2020年9月24日 こんばんは、流手と申します。 本日は久しぶりに寝かし付け中に爆睡してしまいました。3時間ほどでしょうか。 楽天ポイントで投資をしよう、という見出しに釣られて、少し調べてみるかと考えていた矢先のことでし… Read more
  • 「ネット文庫星の砂」、「スターダストノベルス」、「ミーティアノベルス」はAmazon Kindleの電子書籍レーベルです。小説投稿サイトのコンテストを経て受賞に至った作品を電子書籍化し出版しています。当ブログでは新刊情報、お知らせ、特集・イベントなどを更新していきます。
    推しが死ぬのが許せないので、私が絶対幸せにしてみせます - 御守いちる 推しが死ぬのが許せないので、私が絶対幸せにしてみせます - 御守いちる 内容紹介 中校生の時の私はゲームが大好きで、夜更かししては色んなジャンルのゲームをやりまくった。 その中でも私が一番やりこんだゲ… Read more
  • そこにすべてのことが書かれています
    〼活字中毒は死に至る病 活字中毒というのは厄介な病です。人によっては不治の病となり、深みにハマれば人生を棒に振る、緩慢な死に至る病と言っても過言ではありません。 寝る前のちょっとした読書が徹夜を余儀なくさせたり、買い物に出か… Read more
  • 活字がないとダメ系ヲタク。小説・音楽・詩・ときどき映画。自作の小説も書いてます。
    死を思う。 今回は少しだけ私の生き方について語りたいと思う。 あれは数年前のこと。 大学をあと一年で卒業しようかと言う頃、ふと、こんな声が頭の上に降ってきた。 あ。 このままだと、自殺する。 たぶん 間違いなく。… Read more
  • 日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。
    月の砂漠のかぐや姫 第145話 (これまでのあらすじ) 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行… Read more
  • 恋愛小説を毎日連載していきます。
    インストーカー50 あらすじ 都内の大学に通う結城星彦は、不本意に入学したこの大学で、初恋の人にそっくりなシズカに出会う。 シズカとはゼミが同じだったが、後期になっても自分の存在を知られていなかったことを知り、星彦は一大… Read more
  • 民族、言語、国境。
    フリードリヒ・フォン・ハイエク フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク*1(Friedrich August von Hayek、1899年5月8日 - 1992年3月23日)はドナウ連邦、イギリスの経済学者、哲学者。ポラーニ・… Read more
  • 小説・ショートショートの書き方ブログ
    (伝える本を書く為にはタイトルが重要です)気になるタイトル(3) 気になるタイトル(3) 小説のタイトルがとても大事な事は、いつも申し上げている事なのですが、今回も私が書店で気になったタイトルの本をご紹介します。いつもは『文字』がメインですが、今回は『イラスト』がメ… Read more
  • 17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。
    ガリアナの宮殿(Palacios de Galiana, los) ロペへの帰属:確実 執筆年代:1597-1602年 種類:文学に基づく劇 補足:若き日のシャルルマーニュ帝とトレドのモーロ人の王女ガリアナが結ばれたとされる伝説に基づいている。トレドには「ガリアナ宮(… Read more
  • アート、文芸、映画、音楽などを気楽に語れるCafe です。ぜひお立ち寄りを。
    黒沢清 『回路』 恐怖の正体は “物の不在感” にあり 日本映画の監督で「クロサワ」といえば、世間的にはまだ黒澤明(くろさわ・あきら)の方が知られているが、この2020年、『スパイの妻』でヴェネツィア国際映画祭の銀獅子… Read more