写真詩ブログ、集え!

「 Blue あなたとわたしの本 」、管理人の智(とも)です。 写真詩ブログをやられている方、ご参加ください。 詩だけの方、写真だけの方も大歓迎。散文でも結構ですよ。 ブログを書くこと、読むことで、毎日が少しでも楽しいものになるといいですね。  集え! となっていますが、集(つど)ってもとくに何もいたしません。2週間に1度オフ会が催されるといったこともありません。「集(つど)ったな」と各自で思うだけです。ほんの少しでも心がホンワカすればそれでいいじゃないですか。これ以上ないほどお気軽にご参加ください。お待ちしております。

Anyone who has made a Hatena Blog can join.
You can also display the group feed on your blog.
  • 親指に関すること(関しないことも)を追求するブログ。親指はあんまり出ません。 毎週日曜に更新!
    ブログ小説(9)暴風荒ミスティ・ミラージュ ラスティ お題「マイブーム」 「あの人、まさか子供? それにあのデザイン、まさかキモノ?」 ナイラ国の追っ手かどうかは判断できなかったが、少なくとも楽しい旅行に招待してくれるわけではないことくらい察しはついてい… Read more
  • お気に入りのレストラン 厚揚げの味噌炒め 奥様が新しいメニュー試してました。 いつきても、雰囲気のよいお店です。 ほんと、和と洋がまじっていて雰囲気がいいです。 すっごいボリュームで 味噌に唐辛子かな 食欲進みます。 自分は、定番になってきた… Read more
  • 言葉を味わう。文学の楽しみ。
    『セレナーデ 恋歌』宮沢賢治 今週のお題「秋の空気」 flicker 江釣子(えづりこ)森の右肩に 雪ぞあやしくひらめけど きみはいまさず ルナの君は見えまさず 夜をつまれし枕木黒く 群あちこちに安けれど きみはいまさず とゞろに… Read more
  • 旅行記(TRAVEL),ランニング(RUNNING)の記録 読んで貰うブログより、見て貰うブログにしていますので、写真画像を中心に掲載しています。
    「パーイ」から「メーホンソン」~またさらにくねくねした山々を越えた先の、タイ最北西部の街へ!! 「メーホンソーン」はタイ北部の西端、ミャンマーとの国境にある街。 周りは山に囲まれていて、街のはずれには山岳民族の村があり、ミヤンマーの文化が浸透しています。 こんな場所にも、太平洋戦争中に旧日本軍が… Read more
  • カメラ初心者です。家と会社を往復する単調な毎日を最後に塗り替えたくて・・・週末に見つけた風景を投稿しています。しばらくは過去の写真がメインになりますが気軽にどうぞお越しください~ Twitter: LkAEdYywrZbDts6
    2019.7 雨引観音のあじさい(桜川市) あじさいの名所・桜川市の雨引観音に行った時の写真です。 駐車場の隅に、孔雀が・・・ 素敵な石段 曇ってるのにこんなに心が躍るとは 平日に渇いてしまった心が、癒されるような・・・ 奥へ進むと、本堂の左側… Read more
  • 日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。
    【詩】夜の力 夜に書く詩は 朝には書けないものです 夜に書く詩は 後では読めないものです 夜は人の心に働きかけます 月は人の心に囁きかけます 少しだけ羽を伸ばしてもいいんだと 少しなら飛んでみてもいいんだよと それ… Read more
  • 死と再生 重なるマッチ箱 片言な嘘と闇と月と 指切りの小指ぽろりと嗤う 怖い夢ばかり獏にあげる 可哀想だからぜんぶあげる もう夢なんてみないからぜんぶあげる Read more
  • フォトブログ・我が心の風景
    酒田市・日和山六角灯台 ♯39 1 2 3 4 5 photograph by Michi K ここまで見ていただいて、ありがとうございました。 Read more
  • 沖縄 風景写真 風景動画
    今日は オキザリス トリアングラリスーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー… Read more
  • 自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk
    今日は特別な休日 即位礼正殿の儀の始まる直前、ぼくは温泉から上がって、裸のまま大きなエアコンの風で体を冷ましながらテレビを覗いていました。 良い時代です。 申し訳ありませんが、決して天皇陛下に対する敬意が無いのではあり… Read more