自作詩

自分で詩を創作している人のあつまり

Anyone who has made a Hatena Blog can join.
You can also display the group feed on your blog.
  • 目が腐る小ネタを土日。ゲーム実況を月火。小説を水曜。4コママンガを木金に更新!
    零の焦点・・・「ロックマンX」6ー3「零距離」 零の焦点・・・「ロックマンX」6ー3「零距離」 www.youtube.com 実況!ロックマンX プラチナトロフィーを目指すoyayubiSANのゲーム実況動画 制限プレイ内容・基本的に強化アーマー… Read more
  • どこにでもいるようなとある社会人です。あなたの一瞬の暇つぶしにどうぞ。 なんでもない日常に、少しの彩りを添えられたら。
    大切な人たちへ。【できること】 あなたの大切な人は誰? あなたには大切な人がいるだろうか。 その大切な人は、何故大切なのだろうか。 その人は、いつまでもそこに居てくれるのだろうか。 大切な人を、大切だと気づいていない、あの日の私へ。… Read more
  • 妄想と創作の狭間で漂流する老人のブログ
    生憎の雨ですが皆様如何お過ごしでしょうか、じゅん爺です。 コロナウィルスが猛威を奮い何かと気を使う今日この頃。 内需に支えられている日本経済を心配しつつモーニングしてます。 HIROコーヒー西宮店。こ… Read more
  • 活字がないとダメ系ヲタク。小説・音楽・詩・ときどき映画。自作の小説も書いてます。
    詩を書くことはリハビリみたいなもの。 (大幅に改稿しました。) 今回はわたしにとっての詩を描くことについて語らせていただきます。お付き合いください。 わたしが詩を描き始めたのは、中学生の頃。そのころは日々の鬱憤が溜まりに溜まって描いたもの… Read more
  • 楽しく暮らそう。ゆきうさぎの創作雑記
    【ショートケーキデコレーション】市販のスポンジで、生クリームおまけの絞り袋で、自宅で簡単に♪② こんにちは。ゆきうさぎです。前回のつづきで、今日もショートケーキデコのお話②。 市販のスポンジにデコってみたけれど、ケーキ屋さんのとは、なにかちがう。やっぱり買ったケーキには適わない……?おうちでショ… Read more
  • 時おり、詩のようなものを書いてきました。すみません。吐き出させてください。
    気が狂いそうでもすぐに お前は誰と話してきた こんなに多くの人が入れ替わり立ち替わり そばまで来てくれたのに お前は誰と話してきた こんなに多くの文字列を受け取り 目の当たりにしながら お前は誰と話してきた こんなに多くの言… Read more
  • 青山勇樹:詩人。名古屋市在住。大学の教員として教育や研究に励みながら、詩を書いています。もともとは、高等学校の国語科の教員でした。31年間の高校勤務のうち、後半の14年間は教頭として学校の管理にあたりました。現在、大学では、言語と表現、日本語表現、日本の文学などの講義を担当しています。あなたの心に、言の葉を揺らす優しい風が届けられますように。光と戯れる言葉のきらめきが、あなたの心にもあふれますように。仕事の依頼などはメールで ⇨ aoyamayuki1963-poetry@yahoo.co.jp
    詩集『リエゾン LIAISON』より No.29「レコード」 レコード 溝のなかであなたはまだ生きていてあの頃よく歌ってくれたジャズのナンバーをちょっとだけよそ行きに歌っている 黒く磨かれたピアノの天板にいつもあなたの横顔がゆれていてそうしているのが癖だった指先… Read more
  • 日々、私の中から生まれる詩、言葉を綴っています。
    ほめる 「けなす」より「ほめる」ほうが、楽しい 「けなされる」より「ほめられる」ほうが、うれしい なんだろう、とっても簡単な事なのに、すぐに忘れちゃう。 私だって、大切な人が 本当に危なかったり、良くない事を… Read more
  • メープル通りの白樺荘 白樺は、親父にとって特別な木だった。 小さくて狭い実家の裏庭にあった白樺の木。周囲の景色に馴染まないその様子は、四畳半に寝転がるペルシャ猫のようだった。 「サラサラって葉っぱの音を聞いたら、北海道かど… Read more
  • 経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。
    アイ・アム・ア・エイリアン // ある日、ひとりの不思議な男に出会った 彼は言った 「お前の手に入れたものはすべてニセモノだ」 「お前はステキな記憶を脳の中に埋め込まれただけなのだ」 「本当のお前は空っぽだ」 僕は驚いてしまった… Read more