はてな文芸部

短歌・俳句・詩・短編小説等が好きな方の集いです。

グループに参加 ブログ開設して参加 はてなブログをお持ちの方は誰でも参加できます。
グループに参加してフィードに自分のブログを表示しましょう。
  • 原点回帰の雑記ブログ。十分で書ける内容をお届けします。十分以上書くときもあるけどね。十分以下もあるし。
    今日の気になったニュースーー十分日記82 // news.livedoor.com 名古屋生まれの友人が昔言ってた。 他の車に追い越されたら、母親に「なにしとんじや、ワレ」的な怒られ方をしたらしい。 名古屋走りは存在する。 名古屋の人にとって… 続きを読む
  • 適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。
    2017.10.20 今週はバタバタと忙しかった。 月曜日は娘を歯医者へ連れていき、火曜日は息子が通っている塾の保護者会、水曜日は娘の社会科見学があって弁当を作り、さあ、今週の山は越えた!!と思ったら、一緒に働いている人の… 続きを読む
  • 老人性古本症候群を患った若者の徘徊ブログ
    【名盤】ムローヴァのバッハはきいた?(無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータのおすすめCD) 寒くなってきましたね、Anorakです。 一連の過去記事を見てもわかるとおりこのところモーツァルトばかり聴いていたのですが、久々になにか別のものを聴いてみようということで、前から気になっていたムローヴ… 続きを読む
  • 鳴き去っていきます 鳴き去っていきます こお、こお、と水鳥が鳴き去っていきます うっすらとした赤さの夕方 前方不注意に漕いでいく自転車は 雨ざらしのせいで錆びついて、 重たいギアで踏み出すたびに チェーンが息苦しく音を立… 続きを読む
  • 妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟
    短篇小説「米米商店街」 その商店街にはじめて店を出したのは米屋だった。さすが日本人の主食である。と言いたいところだが、そのはす向かいにオープンした二件目の店もまた、別の経営者が開いた米屋だったことで町内は騒然となった。「おい… 続きを読む
  • 夏をやってない ハッとして目を覚まし 通りに近い窓を開ける 緑を覆う色あせた枯れ葉 喉に飛び込む息は冷たい 薄く横に伸びる雲 縦に登れず空を這う 確かにここにあった夏 それなのに 僕は夏をやってない バケツに飛び込む… 続きを読む
  • 言葉の感覚を大切に。「気付き」から「実践」が始まる詩的な日常。
    ねがい 鵜呑みにしたくない 他人の言葉に振り回されたくない 決して自分を見失わない 『自分軸』を確立する 今宵は新月 ピンチをチャンスに 不可能を可能に 自分を諦めてなるものか 続きを読む
  • 仕事(フリーライター)、日常、小説、その他諸々
    K国際空港二階 出発ロビー 60番ゲート前 あの稚拙な言葉遣いはどこで覚えたのか、搾り出した末の発言に聞こえた。気負いを削ぐと残り現れる像である。開け放たれたドアの戻りを手で支えた、私の居場所、閉ざされてなるものか。剥奪権を譲り渡す、そう受け取… 続きを読む
  • うまく社会に溶け込めない、きっと社会不適合者。けど、生きていかないといけないので試行錯誤した結果と過程を共有するブログです
    今、姉の生まれたばかりの双子を面倒みてます 諸事情で、双子の面倒を見てるんですが いやあ、大変だね 3時間おきにミルクをあげるんだけど さすが双子というべきか、同時に泣きはじめる たまにハモると部屋全体が、ハウリングみたいになるわけです それ… 続きを読む
  • Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。
    2017-10-20 必然的に、人間がどういう人間になっていくか、のようなことを考えて、学習や習得を知り、自由になって分かっていた。 悪い支配者は分からなくて良い。もっと、草の根から、それもネットのような玉石混合の世界では… 続きを読む