純文学小説短編、詩

純文学小説短編や詩をつづるグループです。 ご自由にご参加ください。

グループに参加 ブログ開設して参加 はてなブログをお持ちの方は誰でも参加できます。
グループに参加してフィードに自分のブログを表示しましょう。
  • 楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。
    「フレイル」と「サルコペニア」 最近フレイルとサルコペニアをよく耳にするようになってきた。 サルコペニアで世間が騒ぐのは、ちょっと嫌だな~。と思っていたが、フレイルは世間様に広めた方が良いと思い、新聞記事をちょっと紹介。 高齢で活力… 続きを読む
  • ポエトリーリーディングをするのがゆめでした。
    私の人生 これは本当に私の人生なのかたまにとんでもないことを している気がしてしまう緊張してからだが固くなり 呼吸が浅くなり 視野が狭まるひとつの出来事に集中すると 頭がくらくらして 逃げ出したくなる空が青いと… 続きを読む
  • シンガー、ブロガー、ファッショニスタのリリーによるクレイジーな日常
    最近のGUCCIのインスタ何なのwww www.instagram.com 始まりは2日前のこの投稿だった。 グッチ18のキャンペーンだということは分かったし、この曲はボウイの曲だというのも分かった。 でも肝心の動画は、おじさんがぐるぐる回… 続きを読む
  • 怪談「きっかけ」⑤ 完結 駅の構内を歩いていると、キャリーバッグを引いた何人かの人が河原に気づくのがわかった。その顔が驚きや、あからさまな喜びに輝くのが見てとれる。売店の女性もこちらを見ていた。バックパックを背負った女の子のグ… 続きを読む
  • 橋の上の神様 僕は「場所」を探していた。 昼が昼でなくなり、夜が夜でなくなった日を随分長く過ごしたせいで、右も左も分からなくなっていた。 締め切った窓。 肌に纏わり付くTシャツ。 通販番組の司会者が大きな声を上げた… 続きを読む
  • 心が空っぽになれる詩\(^o^)/事実は小説より奇なり
    蜃気楼に揺れるものたち 左に曲がる もうここからは海から遠ざかる一方だろう 風に後ろ髪を引かれる想いで海を背中に見送る そうやって何度も通り過ぎた道だ しょうがないという気持ちで諦める 生温かい潮の匂いを強く感じる 夏の香り… 続きを読む
  • 寝る前に1分ほどで読める小話です(フィクションとノンフィクションまぜこぜです)。読者になっていただけると欣喜雀躍喜びます
    届いてしまったメール 年に1度だけメールをやりとりする人がいる。 年賀状ではない。お誕生のメールだ。相手の誕生日に僕がメールをして、僕の誕生日に相手がメールをする。1年に1度の往復。 そのフラジャイルで曖昧な関係は10年以… 続きを読む
  • 22 刑事ノート 連続爆弾爆発事件が解決した。捕まえてみれば単なる馬鹿な大学生の仕業だった。事件は市内の複数の空き地で相次いで発生した。使用された爆弾はインターネットで製造方法が公開されている簡易爆弾で、これに遠隔操作… 続きを読む
  • ѦとСноw Wхите 第16話 〈36th Birthday〉 2017年の8月4日午後5時前、Ѧ(ユス、ぼく)はぼんやりとDeerhunter(ディアハンター)の「Microcastle(マイクロキャッスル)」を聴きながら曇った不透明の磨りガラスの向こうを眺めて… 続きを読む
  • 訪問していただきありがとうございます  日々思ったことを書き連ねていきたいと思います
    本日の1枚の写真 45枚目(雨の中の立ち話?) 連日、不安定な天候が続き、晴れていても急に雷雨となり「晴れ時々雷雨(豪雨)」や「晴れのち雷雨(豪雨)」の天候が続いています。 皆様も、ゲリラ豪雨、線状降水帯、雷、川などの増水には気をつけてください。 … 続きを読む