防衛問題と社会

改憲反対と狼煙を上げる左翼人。それは9条のおかげで戦争に荷担することは無かったという。その反面、北朝鮮の拉致問題と弾道ミサイル打ち上げ、韓国の慰安婦問題が政治に利用されている現実。中国の尖閣諸島への傍若無人な侵入、そしてロシアの北方領土の軍事基地化など。これをどう説明する。 彼の意図するところは圧力をかけても決して武力でもって抵抗姿勢を示すことが無い。これらは専守防衛の政治形態と、憲法9条の無抵抗姿勢が解っているからであろう。 そこで、この問題を皆さんと共に考えていきたいと、この問題を定義しました。

グループに参加 ブログ開設して参加 はてなブログをお持ちの方は誰でも参加できます。
グループに参加してフィードに自分のブログを表示しましょう。